日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

≫ EDIT

松岡圭祐(58)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)
松岡 圭祐
講談社 (2017-06-15)
売り上げランキング: 4,404

松岡圭祐さんの58冊目になります。
なんと5年振りの松岡作品です。

最近は歴史ものも書かれているんですね。
本作も時代背景は明治であり、
今までの作品群とは一線を画していますが、
ホームズという元祖"千里眼"が登場するあたり、
しっかり松岡作品となっています。

さて松岡圭祐さんのベスト3は、
シリーズ別にしていたんですね。
 
<松岡圭祐ベスト3>
 1. 千里眼 シリーズ
 2. Q シリーズ
 3. マジシャン シリーズ


今回の『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』 は、
シリーズものでもないし、キリのいいところで、
10位としておきます。

| 勝手にベスト3 | 2017-09-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

リタ活

就活、婚活から終活、他には妊活とか、
〇活が色々と増殖していますが、
リタイア活動で、リタ活と来ましたか。

リタ活!(ソニー生命)

いくつかコンテンツが用意されていて、
一見の価値はあるかと思います。
ただし、Chromeでは動かなかったのでご注意!

個人的には、[リタ活ガイドブック]のページが、
コンパクトにポイントがまとまっていて、
参考になりました。

| 投資情報クリッピング | 2017-09-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

新発田城

リタイアしたら、気楽に好きなことをしよう!
どうせなら今からやっちゃおう。 ~日本の城めぐり です。

やりたいことリストの2番目、
「日本の城めぐり」です。

今回は新潟県の城です。

新発田城(100名城)
shibata.jpg

100名城のスタンプは、これで27%攻略です。

だんだんアクセスが難しい場所が残ってきました。
元々リタイア後の"やりたいこと"(続けたいこと)ですので、
気長に1つずつ攻略していきたいと思います。

<やりたいことリスト>
・ギザの大ピラミッドに入ってみたい
・日本の城めぐり
・年間パスポートでリピーター
・ホエール・ウォッチング
・キャニオニング
・VR
・ラズパイ/電子工作
・PC自作


| 20のやりたいこと | 2017-09-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

道尾秀介(9)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫)
道尾 秀介
新潮社
売り上げランキング: 203,062

道尾秀介さんの9冊目です。

軽快な文章で、スイスイ読めます。
ところがそれで終わらないのが、
道尾作品のダークなところ。
この方も、引き出しが多いですね。

さて、勝手にベスト3です。

<道尾秀介ベスト3>
 1. カラスの親指
 2. 向日葵の咲かない夏
 3. 龍神の雨


今回の『片眼の猿』は、
5位とします。

| 勝手にベスト3 | 2017-09-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年ふるさと納税(6か所目)

投資は余裕資金で行いましょう。
それにはちょっとした"オトク情報"が有効かも!
お得(?)な小技シリーズです。


9月になったので、<いちご>狙いで、
ふるさと納税を再開しました。

今回の寄付は、
 「愛知県 岡崎市」
に1万円。
貰える返礼品は、
 「とれたて 極甘 岡崎産 紅ほっぺ6パック 」
です。

昨年は、「あまおう」と「スカイベリー」でしたので、
今年は、「紅ほっぺ」にしてみました。 (^^♪

| お得?な小技 | 2017-09-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月の投資

今月の積立を行いました。

先月から、資産積立と年金積立を分離しています。

<資産積立>
 日本株式:
   ニッセイTOPIXインデックスファンド
 先進国株式:
   ニッセイ外国株式インデックスファンド
 新興国株式:
   One-たわらノーロード新興国株式


資産積立は、NISA口座での購入です。

<年金積立>
 企業型確定拠出年金:
   外国株式インデックス


企業型DCは、給与引き落としになります。

年金について色々と調べたり、準備したりしていると、
だんだんと出口(リタイア)が意識されてきます。

リタイア後の具体的なマネープランを考えながら、
ポートフォリオも検討していきたいと思います。

| 管理人のインデックス投資 | 2017-09-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

折原一(2)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

倒錯のロンド (講談社文庫)
折原 一
講談社
売り上げランキング: 47,489

折原一さんの2冊目は、代表作の1つで、
<倒錯>3部作の2作目。

叙述トリックの有名作品ですので、
お約束のラストでのどんでん返し―――
なんですが、もっと騙されたかったなぁ。

さて、勝手にベスト3です。

<折原一 ベスト3>
 1. 倒錯のロンド
 2. グランドマンション
 3. ―


今回の『倒錯のロンド』は2冊目ということもあり、
1位になりました。

| 勝手にベスト3 | 2017-09-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

持株会全部売却

持株会で積み立てた株式を全て売却しました。

既に<前の会社>になっているのですが、
長年勤めた会社ですので、やはり感慨深いですね。

そこで、持株会をネタにして書いた記事を、
以下列挙してみました。

2007年12月22日 持株制度に関するガイドライン
2007年12月23日 持株会で着実に儲ける方法

連続した記事です。
制度って変わるんですよね。
当たり前なんですが懐かしいです。

2008年02月20日 持株会の株券をネット証券へ移管(1)
2008年03月22日 持株会の株券をネット証券へ移管(2) ~完了!

昔は面倒なことが多かった。
今は良くなりましたよね。
ここから、どーんと時間が飛びます!

2017年02月05日 持株会解約
2017年03月25日 移管予定の株の売り方
2017年04月29日 持株会の売却

そして、今回の記事で完結です。
新しい会社では、持株会はやりません。

| 資産運用(その他) | 2017-09-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

禁煙8年5か月経過

おカネがなければ生きてはいけない、
幸せでなければ生きている資格がない――
「しあわせリタイア計画」 ~健康です。


月初吉例、禁煙期間の更新記録です。
101か月を経過しました。

今後もインデックス投資と同様に、
淡々と禁煙期間を積み立てて行きます。

そしてこちらも定例の、
ランニング月間走行距離です。

<8月の合計走行距離>
84.5 km (平均 6分53秒/キロ)


目標の84キロをギリギリ達成です。

9月の後半に走れない期間があるとわかっているので、
8月はもう少し稼いでおきたかったんですが、
お盆以外は暑かったですからねぇ。
よく頑張った方ではないでしょうか。

| しあわせリタイア計画 (健康) | 2017-09-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
8月に観た映画のレビューです。

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(2016)
評価:C
スピルバーグ監督。
児童文学が原作ということで、そのまま子供向け。
大人が見るにはキツイです。

「沈黙 -サイレンス-」(2016)
評価:B+
遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督。
おかしな日本描写もないし、良作でした。
欧米人はこの映画を見てどう感じるんだろう。

「ラ・ラ・ランド」(2016)
評価:C
オスカー受賞のミュージカル。
正直なところ、つまらなかった。
審査員とは感性が違うのかな。

「家族はつらいよ」(2016)
評価:B+
山田洋二監督の久しぶりの喜劇映画。
続編も機会があれば見ると思いますが、
それほどの期待感はありません。

「グリーン・ゾーン」(2010)
評価:B
マット・デイモン主演のアクション映画と思いきや、
意外にイラク戦争の大量破壊兵器についての映画でした。
突っ込みきれないもどかしさは残りますけど。

「メッセンジャー」(2017)
評価:C
宇宙からのメッセージが地球に届く―――
何度も使われている設定だからこそ、
もっとちゃんと作って欲しい。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017)
評価:B
どう実写化しようが色々な批評が出ることが確実な中で、
結構頑張っていたんじゃないかと思いました。
原作へのリスペクトは感じられます。

以上、今月は7本でした。

| 勝手にレビュー | 2017-08-30 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT