日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

万城目学(4)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ホルモー六景 (角川文庫)
万城目 学
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-11-25)
売り上げランキング: 22,853

万城目学さんの4冊目は、
デビュー作 『鴨川ホルモー』の続編です。

本編ではチョイ役だった人のエピソードなど、
6編をまとめたスピンオフ作品です。

本編エピソードの時系列にリンクしていたり、
本作内の短編同士がクロスしたりしていて、
とても楽しい作品集となっていました。

さて、勝手にベスト3です。

<万城目学ベスト3>
 1. かのこちゃんとマドレーヌ夫人
 2. 鹿男あをによし
 3. ホルモー六景


今回の『ホルモー六景』は3位とします。
本編よりランクが上になってしまいました。 (^^;

| 勝手にベスト3 | 2017-03-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

指南本(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)
幻冬舎 (2015-10-08)
売り上げランキング: 523

日本推理作家協会が編纂したミステリ作家の指南本です。

とにかく執筆陣が豪華です。
著名作家が自作を基に創作過程を語るところなどは、
単なるミステリ小説ファンにも面白いと思います。

しかしこの本を読んだらミステリ作家になれるかというと、
逆にその努力に圧倒され、とうてい無理だと気付くのが
オチかもしれません。

今回は特殊なカテゴリーなので、
勝手にベスト3は、無しにします。

| 勝手にベスト3 | 2017-03-15 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

百田尚樹(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)
百田 尚樹
新潮社 (2015-11-28)
売り上げランキング: 18,597

百田尚樹さんの3冊目です。

ある種の<超能力>を持った人の話です。
終盤に差し掛かる前までは良かったのですが、
ラストの展開がもう一つでした。
もう一歩掘り下げてほしかった。

さて、勝手にベスト3です。

<百田尚樹ベスト3>
 1. 永遠の0
 2. 輝く夜
 3. フォルトゥナの瞳


まだ3作目ですが、第3位になりました。

| 勝手にベスト3 | 2017-03-08 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

誉田哲也(19)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

増山超能力師事務所 (文春文庫)
誉田 哲也
文藝春秋 (2016-05-10)
売り上げランキング: 10,468

誉田哲也さんの19冊目は、
TVドラマ放映中の連作短編集です。

設定は超能力が存在する非現実的な世界なのですが、
それぞれのストーリーにはとても重いテーマもあって、
全編軽いノリだと思って油断していると、
ガツンとやられて、気持ちが揺さぶられます。

さてベスト3です。

<誉田哲也ベスト3>
 1. 武士道 シリーズ
 2. ジウ シリーズ
 3. ストロベリーナイト


今回の『増山超能力師事務所 』は、
7位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2017-02-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

万城目学(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

鴨川ホルモー (角川文庫)
万城目 学
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 40,827

万城目学さんの3冊目は、デビュー作です。

デビュー作から内容はぶっ飛んでいます。
既に万城目ワールドの要素がたっぷり詰まっていますね。
やっぱり<原点>って感じ。

さて、勝手にベスト3です。

<万城目学ベスト3>
 1. かのこちゃんとマドレーヌ夫人
 2. 鹿男あをによし
 3. 鴨川ホルモー


今回の「鴨川ホルモー」は、
第3位となりました。

| 勝手にベスト3 | 2017-02-15 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラハム・ハンコック(3,4)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

神々の魔術 (上)  失われた古代文明の叡智
グラハム・ハンコック
KADOKAWA/角川書店 (2016-02-27)
売り上げランキング: 26,736

神々の魔術 (下)  失われた古代文明の叡智
グラハム・ハンコック
KADOKAWA/角川書店 (2016-02-27)
売り上げランキング: 59,849

グラハム・ハンコック氏の3,4冊目です。
といっても、1,2冊目も『神々の指紋』上下巻ですので、
実際には2作品目ですね。

前作の『神々の指紋』は名著でした。
いわゆるトンデモ本とはまったく異なる、
とても真面目な、古代文明に対する考察でした。

今回の続編では、それを裏付ける新証拠を
丹念(しつこいくらい…笑)に検証していきます。
非常に説得力がありますね。

さて、勝手にベスト3です。

<グラハム・ハンコック ベスト3>
 1. 神々の指紋
 2. 神々の魔術
 3. -


今回の『神々の魔術』は、
前作を読んでいることが前提なので、
やはり2位でしょう。

| 勝手にベスト3 | 2017-02-08 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

角田光代(8)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

世界中で迷子になって
小学館 (2016-08-26)
売り上げランキング: 3,890

角田光代さんの8冊目です。

旅行記ではありません。
旅にまつわることを題材にしたエッセイです。
また半分以上は<旅>ではなく<モノ>が題材です。

タイトル(出版社が名付けたのかな?)を見て、
『いつも旅のなか』と同じような内容だと思って買うと、
外したと思うかもしれません。

しかし実際には、後半の<モノ>のエッセイの方が
面白いのだから、読んでみないとわからないですね。

さて、勝手にベスト3です。

<角田光代ベスト3>
 1. 八日目の蝉
 2. 対岸の彼女
 3. ひそやかな花園


今回の『世界中で迷子になって』 は、
6位とします。

| 勝手にベスト3 | 2017-01-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

有川浩(14)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

キケン (新潮文庫)
キケン (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.12.18
有川 浩
新潮社 (2013-06-26)
売り上げランキング: 6,635

有川浩さんの14冊目です。

理系大学生の話です。
ここまでのトンデモ・エピソードはなくても、
楽しかった想いでが誰にもあったことを、
懐かしく思い出させてくれます。

さて、ベスト3です。

<有川浩ベスト3>
 1. 県庁おもてなし課
 2. フリーター、家を買う。
 3. シアター!


今回の『キケン』は8位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2017-01-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

道尾秀介(8)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

鬼の跫音 (角川文庫)
鬼の跫音 (角川文庫)
posted with amazlet at 16.12.11
道尾 秀介
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-25)
売り上げランキング: 129,188

道尾秀介さんの8冊目です。

ダークな雰囲気、ホラーな展開、
その中から見えてくる狂気。
怖い短編集でした。

さて、勝手にベスト3です。

<道尾秀介ベスト3>
 1. カラスの親指
 2. 向日葵の咲かない夏
 3. 龍神の雨


今回の『鬼の跫音』は、
5位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2017-01-11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビートルズ本(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ウィズ・ザ・ビートルズ (小学館文庫)
松村 雄策
小学館 (2015-01-05)
売り上げランキング: 282,732

松村雄策さんのビートルズ本です。

管理人はもちろんリアルタイムのファンではありませんが、
何十年も聞いていて、全曲音楽プレーヤーに入っています。

本作で語られる、オリジナル・アルバムに沿った
ビートルズの歴史は、知らなかったエピソードもあって、
夢中で読んでしまいました。

ビートルズの歴史が<奇跡のストーリー>だということが
とてもよくわかります。

今回は特殊なカテゴリーなので、
勝手にベスト3は、無しにします。

| 勝手にベスト3 | 2016-12-28 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT