日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湊かなえ(16)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

豆の上で眠る (新潮文庫)
湊 かなえ
新潮社 (2017-06-28)
売り上げランキング: 137

湊かなえさんの16冊目です。

ネタとしては短編でも良さそうですが、
長編にしても構成がうまいので飽きません。

昔は筆の力に圧倒されていましたが、
最近は筆の技の切れにやられています。

さてベスト3です。

<湊かなえベスト3>
 1. 告白
 2. 少女
 3. 白ゆき姫殺人事件


今回の『豆の上で眠る』は、9位にします。

| 勝手にベスト3 | 2017-08-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

坂木司(14)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

アンと青春
アンと青春
posted with amazlet at 17.07.23
坂木 司
光文社
売り上げランキング: 50,323

坂木司さんの14冊目は、
『和菓子のアン』の続編です。

このシリーズのちょっと高尚な感じの<日常の謎>が、
北村薫さんの『円紫さんと私』シリーズを思い出させます。
成長物語がメインですが、やはり"ミステリ"の範囲で括りたいです。

さて、勝手にベスト3です。

<坂木司ベスト3>
 1. 動物園の鳥
 2. 和菓子のアン
 3. ホテルジューシー


今回の『アンと青春』は、5位とします。

| 勝手にベスト3 | 2017-08-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

有川浩(17)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

キャロリング
キャロリング
posted with amazlet at 17.07.09
有川 浩
幻冬舎
売り上げランキング: 134,511

有川浩さんの17冊目です。

登場人物たちのそれぞれの物語が、
クリスマスのラストにつながるストーリー。

基本的に軽いタッチで、物足りなさを感じますが、
それは他の有川作品に比べてということです。
全体のレベルが高いですからね。

さて、勝手にベスト3です。

<有川浩ベスト3>
 1. 県庁おもてなし課
 2. フリーター、家を買う。
 3. シアター!


今回の『キャロリング』は13位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2017-07-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

グイン・サーガ(141)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

風雲のヤガ (グイン・サーガ141巻)
五代 ゆう
早川書房
売り上げランキング: 18,047

栗本薫さんの<グイン・サーガ>を引き継ぐ、
正篇の第11作です。

ヤガ篇というのは、栗本グインの遺作となった話なので、
どうしても思いがこもってしまうのかもしれませんが、
如何せん間延びしすぎなのではないでしょうか。

さて、グインの<勝手にベスト3>はこれです。

<グイン・サーガ 『継承者』 ベスト3>
 1. 宵野 ゆめ
 2. 五代 ゆう
 3. 円城寺 忍


今回の五代ゆうさんの作品が、テンポが悪いと感じたので、
順位を入れ替えてみました。

たまにはランキングを変えてみないとね。

| 勝手にベスト3 | 2017-07-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

殊能将之(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ハサミ男 (講談社文庫)
殊能 将之
講談社
売り上げランキング: 2,894

殊能将之さんの1作目です。

以前からタイトルは知っていたのですが、
今まで読むきっかけがありませんでした。
今回、初めての方の作品を読もうと思い、
選択したのがこちらの作品でした。

管理人は、まんまとミスリードされてしまいました。
<騙されて心地よい>という感覚は、
良質なミステリでしか味わえない醍醐味ですよね。

さて、勝手にベスト3です。

<殊能将之 ベスト3>
 1. ハサミ男
 2. ―
 3. ―


1作目なので、1位になりました。

| 勝手にベスト3 | 2017-07-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

池井戸潤(17)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

アキラとあきら (徳間文庫)
池井戸潤
徳間書店 (2017-05-17)
売り上げランキング: 31

池井戸潤さんの17冊目です。

タイトル通りのダブル主役で、物語の厚みも2倍。
更に2人がクロスするエピソードが絡みます。
池井戸作品は、面白いですねぇ。

さて、勝手にベスト3です。

<池井戸潤ベスト3>
 1. 下町ロケット
 2. 空飛ぶタイヤ
 3. オレたち花のバブル組


今回の『アキラとあきら』は、
6位とします。

| 勝手にベスト3 | 2017-07-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

折原一(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

グランドマンション (光文社文庫)
折原 一
光文社 (2015-11-11)
売り上げランキング: 242,770

叙述トリックで有名な折原一さん、初登場です。

叙述トリックの傑作と云われる作品のような
大どんでん返しはありませんが、
著者本人が1冊目におすすめしている通り、
叙述トリック入門として適していると思います。

連作短編形式でバラエティに富んでいて、
飽きずに読めると思います。

さて、勝手にベスト3です。

<折原一 ベスト3>
 1. グランドマンション
 2. ―
 3. ―


1作目なので、1位になりました。

| 勝手にベスト3 | 2017-06-21 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

誉田哲也(23)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

硝子の太陽R ルージュ 警部補 姫川玲子
光文社 (2016-05-27)
売り上げランキング: 16,288

誉田哲也さんの23 冊目です。

前回に引き続き、こちらは<姫川玲子>シリーズ。
どうやって、2つの小説をクロスオーバーさせるのか、
とても興味がありましたが、そう来るか! という感じ。
書き手としての力量がないと出来ない仕事です。

さて、勝手にベスト3です。

<誉田哲也ベスト3>
 1. 武士道 シリーズ
 2. ジウ シリーズ
 3. ストロベリーナイト


今回の『硝子の太陽 ルージュ』は、
15位くらいです。
ノワールの方が面白かった。

| 勝手にベスト3 | 2017-06-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

誉田哲也(22)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

硝子の太陽N - ノワール
誉田 哲也
中央公論新社
売り上げランキング: 32,840

誉田哲也さんの22 冊目です。

<ジウ>シリーズと<姫川玲子>シリーズのコラボ。
別々の出版社から2冊同時刊行というのはスゴイ。

本作を読むために、『歌舞伎町セブン』と『歌舞伎町ダムド』を
先に読みました。

<ジウ>サーガ、熟成してきました。
今後が楽しみです。

さて、勝手にベスト3です。

<誉田哲也ベスト3>
 1. 武士道 シリーズ
 2. ジウ シリーズ
 3. ストロベリーナイト


今回の『硝子の太陽 ノワール』は、
8位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2017-06-07 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

誉田哲也(21)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

歌舞伎町ダムド (中公文庫)
中央公論新社 (2017-04-05)
売り上げランキング: 128

誉田哲也さんの21 冊目です。

『歌舞伎町セブン』の続編ですが、
『ジウ』シリーズの正統な続編といっても良いでしょう。
『ジウ』サーガと呼んでいるようですね。
これはイイ。次作が楽しみです。

さて、勝手にベスト3です。

<誉田哲也ベスト3>
 1. 武士道 シリーズ
 2. ジウ シリーズ
 3. ストロベリーナイト


今回の『歌舞伎町ダムド』は、
7位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2017-05-24 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT