FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

瀬尾まいこ(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された
瀬尾まいこ
文藝春秋
売り上げランキング: 1,282

瀬尾まいこさん初登場です。

血の繋がっていない父母が次々に変わる少女の物語。
ちっとも不幸でない生活に、逆説的に<家族>とは何か
――という、意外に分かりやすい設定だと思います。

本屋大賞は、一般の読者目線が感じられ、
とても良い賞になりましたね。

さて、勝手にベスト3です。

<瀬尾まいこ ベスト3>
 1. そして、バトンは渡された
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-11-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

森絵都(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

みかづき (集英社文庫)
森 絵都
集英社 (2018-11-20)
売り上げランキング: 3,645

森絵都さん、初登場です。
親子3代にわたる学習塾にまつわる長編です。
これはサーガですね。

創始者といえる千明さんのキャラが、また凄い。
このエキセントリックな性格が一番の読みどころかと思います。

<森絵都 ベスト3>
 1. みかづき
 2. ―
 3. ―


今回の『みかづき』は、
1冊目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-11-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

中脇初枝(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

世界の果てのこどもたち (講談社文庫)
中脇 初枝
講談社 (2018-06-14)
売り上げランキング: 80,415

中脇初枝さん、初登場です。
戦争に翻弄される3人の少女の話ですが、
1人1人の話だけでも十分読み応えがあるのに、
その3倍の壮絶な生き様に圧倒されっぱなしでした。

<中脇初枝 ベスト3>
 1. 世界の果てのこどもたち
 2. ―
 3. ―


今回の『世界の果てのこどもたち』は、
1冊目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-11-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

近藤史恵(6)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

スティグマータ (新潮文庫)
近藤 史恵
新潮社 (2019-01-27)
売り上げランキング: 112,189

近藤史恵さんの6冊目は、
<サクリファイス>シリーズ本編の続編。

『エデン』に続いて、舞台はツール・ド・フランス。
登場人物を巡るストーリーは予想の範囲の展開ですが、
自転車ロードレースの魅力はたっぷりです。

それでは、勝手にベスト3です。

<近藤史恵ベスト3>
 1. サクリファイス
 2. エデン
 3. スティグマータ


今回の『スティグマータ』は、第3位とします。
シリーズ全作を読む時間の無い方は、
このベスト3を順番に読むことをおすすめします。

| 勝手にベスト3 | 2019-11-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯨統一郎(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ミステリアス学園 (光文社文庫)
光文社 (2006-04-20)
売り上げランキング: 26,661

鯨統一郎さん初登場です。

このミステリのカテゴリは難しいですね。
"本格ミステリ"愛に溢れていることは確かです。
若い頃はこういうミステリもよく読んでいたなぁ。
感慨深し。

さて、勝手にベスト3です。

<鯨統一郎ベスト3>
 1. ミステリアス学園
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-10-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(8)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

原田マハの印象派物語 (とんぼの本)
原田 マハ
新潮社
売り上げランキング: 17,789

原田マハさんの8冊目です。

小説ではありません。印象派の画家たちの紹介本です。
画家たちの短い物語も載っていますが、オマケ程度です。

<原田マハベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. ジヴェルニーの食卓


今回の『原田マハの印象派物語』は、
ジャンルが違い過ぎるので、選外とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-10-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

グイン・サーガ(145)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

水晶宮の影 (ハヤカワ文庫JA)
五代 ゆう
早川書房
売り上げランキング: 59,803

栗本薫さんの<グイン・サーガ>正篇を引き継ぐ、
続編の第15作です。

とうとう<ヤガ篇>が終了。長かったなぁ。
これからは、新しく始めたエピソードだけになるので、
話が加速することを期待します。

さて、グインの<勝手にベスト3>はこれです。

<グイン・サーガ 『継承者』 ベスト3>
 1. 五代 ゆう
 2. 宵野 ゆめ
 3. 円城寺 忍


どんどん話を進めて、完結まで持って行って欲しいです。

| 勝手にベスト3 | 2019-10-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(9)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫)
真梨 幸子
小学館 (2015-07-07)
売り上げランキング: 151,157

真梨幸子さんの9冊目です。

今まで読んだ作品とは雰囲気が異なりました。
ドロドロよりミステリー色が強い感じ。
登場人物も多くはなく、読みやすさはあります。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 弧虫症
 3. みんな邪魔


今回の『鸚鵡楼の惨劇』は、
7位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2019-10-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

澤村伊智(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ぼぎわんが、来る 比嘉姉妹シリーズ (角川ホラー文庫)
KADOKAWA (2018-02-24)
売り上げランキング: 6,250

澤村伊智さん、初登場です。
デビュー作のホラーですが、家族の問題に切り込んだり、
章立てで語り手が変わるなど、構成が素晴らしい。
今後に期待できる作家だと思います。

<澤村伊智 ベスト3>
 1. ぼぎわんが、来る
 2. ―
 3. ―


今回の『ぼぎわんが、来る』は、
1冊目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-10-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(8)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

人生相談。 (講談社文庫)
講談社 (2017-07-14)
売り上げランキング: 141,607

真梨幸子さんの8冊目です。

新聞のコラムを小道具として使った連作短編で、
なおかつ全体も繋がっている凝った構成です。
他の作品のようなドロドロ感は薄くなっていますが、
ミステリとしては本作の方が良く出来ていると思います。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 弧虫症
 3. みんな邪魔


今回の『人生相談。』は、
5位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2019-09-25 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT