FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮部みゆき(72,73)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

英雄の書(上) (新潮文庫)
宮部 みゆき
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 78,709

英雄の書(下) (新潮文庫)
宮部 みゆき
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 59,658

宮部みゆきさんの72,73冊目になります。

出だしは現代小説ですが、途中からファンタジーになります。
宮部さんは言うまでもなく多才な作家さんですが、
ファンタジーが一番ダメだと思います。
本作は宮部作品としては期待外れでした。

さて、勝手にベスト3です。

<宮部みゆきベスト3>
 1. 火車
 2. ソロモンの偽証
 3. 龍は眠る

 
今回の『英雄の書』は、60位くらいとします。
複数巻の作品もありますので、最下位に近いです。
残念!

| 勝手にベスト3 | 2019-02-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

坂木司(18)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

女子的生活
女子的生活
posted with amazlet at 19.01.05
坂木 司
新潮社
売り上げランキング: 145,542

坂木司さんの18冊目です。

前半のテイストは、ずっと昔に読んだ橋本治さんの
<桃尻娘>シリーズを思い出していました。
後半は、いつもの坂木作品のテイストになりますが、
どちらが好きかは評価が分かれるところです。

さて、勝手にベスト3です。

<坂木司ベスト3>
 1. 動物園の鳥
 2. 和菓子のアン
 3. ホテルジューシー


今回の『女子的生活』は、
8位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2019-02-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

米澤穂信(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

満願 (新潮文庫)
満願 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.01.01
米澤 穂信
新潮社 (2017-07-28)
売り上げランキング: 3,773

米澤穂信さんの3冊目です。

内容はバラバラな短編集ですが、
いずれの短編もラストでゾクッとくる感じが
1冊の本としてまとまっていると思います。

さて、勝手にベスト3です。

<米澤穂信ベスト3>
 1. 満願
 2. 儚い羊たちの祝宴
 3. 氷菓


今回の『満願』を、第1位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-02-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

芦沢央(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

悪いものが、来ませんように (角川文庫)
芦沢 央
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-25)
売り上げランキング: 116,419

芦沢央さんの3冊目です。

ストーリーが進んでいくにつれて、
だんだん大きくなっていく違和感が、
ラストに向けて、見事にクリアになります。
作者の罠にすっかり嵌りました。

さて、勝手にベスト3です。

<芦沢央ベスト3>
 1. 罪の余白
 2. 許されようとは思いません
 3. 悪いものが、来ませんように


今回の『悪いものが、来ませんように』は、
第3位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-01-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(2)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実 (徳間文庫)
真梨幸子
徳間書店 (2012-11-02)
売り上げランキング: 148,168

真梨幸子さんの2冊目です。
『殺人鬼フジコの衝動』の続編です。

こんなに続編が気になり、すぐに読みたくなったのは
久しぶりのことです。
本作も期待を裏切らず、いや~なストーリーです。 (^^;

前作の謎が解かれますので、セットで読むことをお勧めします。
管理人は、前作で分かったと思っていたことが、
ものの見事にひっくり返されました。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実
 3. ー


今回の『インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実』は、
第2位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-01-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
真梨幸子
徳間書店 (2011-05-07)
売り上げランキング: 41,067

私は、フジコ 殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
徳間書店 (2013-07-19)
売り上げランキング: 19,355

真梨幸子さん初登場です。

本作からの強烈な衝撃をバンバン浴びて、
サンドバッグ状態になりました。
そして予想を超える更なる展開。
おすすめです。

限定版には次作への序章となる、
短編『私は、フジコ』が入っているとのことで、
電子書籍で早速購入して読みました。
次作にも期待です。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. ー
 3. ー


今回の『殺人鬼フジコの衝動』は、
1作目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-01-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(70,71)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

桜ほうさら(上) (PHP文芸文庫)
宮部 みゆき
PHP研究所 (2015-12-17)
売り上げランキング: 50,119

桜ほうさら(下) (PHP文芸文庫)
宮部 みゆき
PHP研究所 (2015-12-17)
売り上げランキング: 48,361

宮部みゆきさんの70,71冊目になります。

少し気弱な主人公に感情移入して、
江戸時代にタイムスリップできます。
こんな時代にも住んでみたかったなぁと感じました。
実際には不便なことの方が多いんでしょうけどね。

<ぼんくら>シリーズが好きな方には、
おすすめです。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『桜ほうさら』は、
第3位にランクインしました。

| 勝手にベスト3 | 2018-12-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

芦沢央(2)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

罪の余白 (角川文庫)
罪の余白 (角川文庫)
posted with amazlet at 18.11.13
芦沢 央
KADOKAWA/角川書店 (2015-04-25)
売り上げランキング: 15,678

芦沢央さんの2冊目は、
長編のデビュー作です。

これは良作ですね。
本筋の女子高生の心理描写も良いですが、
サブストーリーや小道具も面白い。
非凡な才能を感じます。

さて、勝手にベスト3です。

<芦沢央ベスト3>
 1. 罪の余白
 2. 許されようとは思いません
 3. ―


2冊目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2018-12-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

沼田まほかる(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ユリゴコロ (双葉文庫)
沼田 まほかる
双葉社 (2014-01-09)
売り上げランキング: 25,885

沼田まほかるさん初登場です。

不思議な雰囲気を持った小説です。
<嫌ミス>とも言われているようですが、
管理人にはその印象はあまりありません。

映画化もされているようなので、
どのように映像化されたのか興味が沸きますね。

さて、勝手にベスト3です。

<沼田まほかるベスト3>
 1. ユリゴコロ
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2018-12-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(5)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

たゆたえども沈まず
たゆたえども沈まず
posted with amazlet at 18.10.27
原田 マハ
幻冬舎 (2017-10-25)
売り上げランキング: 6,393

原田マハさんの5冊目です。

ゴッホ自身の人生そのものの凄さもありますが、
原田さんのフィクションを加えた小説としての構成が
素晴らしいと思います。
傑作でしょう。

<原田マハベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. ジヴェルニーの食卓


今回の『たゆたえども沈まず』は、
第2位とします。

| 勝手にベスト3 | 2018-12-05 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT