FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今村昌弘(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

屍人荘の殺人 (創元推理文庫) [ 今村 昌弘 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2020/2/28時点)


今村昌弘さん、初登場です。

いわゆる<閉ざされた山荘>の本格ミステリなのですが、
嵐でも吹雪でもなく、アレがその状況を作り出します。
それでいて、ちゃんと<本格>として破綻していません。
これは、やられました。

それでは、勝手にベスト3です。

<今村昌弘 ベスト3>
 1. 屍人荘の殺人
 2. ―
 3. ―


今回の『屍人荘の殺人』は、
1冊目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-04-01 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(10)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

独立記念日 (PHP文芸文庫) [ 原田マハ ]
価格:838円(税込、送料無料) (2020/2/27時点)


原田マハさんの10冊目です。

何かから<独立>する女性たちの短編集です。
各短編にはつながりがあり、構成も凝っています。
内容的には、女性向けかな。

それでは、勝手にベスト3です。

<原田マハ ベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. 美しき愚かものたちのタブロー


今回の『独立記念日』は、8位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2020-03-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

深緑野分(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベルリンは晴れているか (単行本) [ 深緑 野分 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/2/27時点)


深緑野分さん、初登場です。

第2次大戦後の4か国分割統治下のベルリンが舞台。
ミステリとしての意外な結末もありますが、
メインは戦前から戦後までのドイツ市民のドラマでしょう。
日本に比べて、ドイツでの詳しい状況を知る機会は少ないので、
とても感慨深いものがありました。

<深緑野分 ベスト3>
 1. ベルリンは晴れているか
 2. ―
 3. ―


今回の『ベルリンは晴れているか』は、
1冊目なので第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-03-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

道尾秀介(11)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カエルの小指 a murder of crows [ 道尾 秀介 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)


道尾秀介さんの11冊目は、
『カラスの親指』の続編です。

前作が<勝手にベスト3>の1位ですので、
評価のハードルが高くなってしまいますが、
続編を出してくれたことに満足です。

では、勝手にベスト3です。

<道尾秀介ベスト3>
 1. カラスの親指
 2. 向日葵の咲かない夏
 3. 龍神の雨


今回の『カエルの小指』は、
6位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2020-03-11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

澤村伊智(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

などらきの首 (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2020/2/4時点)


澤村伊智さんの3冊目です。
1,2冊目に続き、<比嘉姉妹>シリーズとなります。

本作は短編集なので、いくぶん小粒ではありますが、
シリーズのファンなら、とても楽しめる仕掛けが沢山あります。

それでは、勝手にベスト3です。

<澤村伊智 ベスト3>
 1. ぼぎわんが、来る
 2. ずうのめ人形
 3. などらきの首


今回の『などらきの首』は、
第3位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-02-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

大沢在昌(14)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗約領域 新宿鮫? [ 大沢在昌 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/1/21時点)


大沢在昌さんの14冊目は、
8年振りの<新宿鮫シリーズ>続編です。

登場人物が入れ替わり、新たな展開が始まります。
かなりのボリュームですが、飽きません。
更なる続編も期待出来ますね。

それでは勝手にベスト3です。

<大沢在昌ベスト3>
 1. 毒猿 新宿鮫II
 2. 新宿鮫
 3. 絆回廊 新宿鮫Ⅹ


今回の『暗約領域 新宿鮫XI』は、
7位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2020-02-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(77,78)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世の春 上 [ 宮部 みゆき ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/1/6時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世の春 下 [ 宮部 みゆき ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/1/6時点)


宮部みゆきさんの77、78冊目です。

怪談物とみせかけて、その実は・・・
宮部クオリティは維持していると思いますが、
他作品よりもテンポが悪いように感じました。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『この世の春』は、
7位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2020-02-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

澤村伊智(2)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ずうのめ人形 (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2019/12/20時点)


澤村伊智さんの2作目です。
デビュー作に劣らず、本作も良い出来です。
ホラーでもミステリでも一級品だと思います。

<澤村伊智 ベスト3>
 1. ぼぎわんが、来る
 2. ずうのめ人形
 3. ―


今回の『ずうのめ人形』は、
ほぼ1位とかわらない第2位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-02-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(10)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お引っ越し (角川文庫) [ 真梨 幸子 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)


真梨幸子さんの10冊目です。

<引越>をモチーフにした短編ホラー集。
イヤミス度は高くありませんが、
「解説」という短編があって、構成は凝っています。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 弧虫症
 3. みんな邪魔


今回の『お引っ越し』は、
6位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2020-01-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(9)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しき愚かものたちのタブロー [ 原田 マハ ]
価格:1815円(税込、送料無料) (2019/12/13時点)


原田マハさんの9冊目です。

「松方コレクション」が辿った数奇な運命を描きます。
やっぱり原田マハさんのアート小説は良いですね。
先日見に行った「松方コレクション展」が思い出されました。

<原田マハベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. 美しき愚かものたちのタブロー


今回の『美しき愚かものたちのタブロー 』は、
第3位にランクインです。

| 勝手にベスト3 | 2020-01-15 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT