fc2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誉田哲也(31)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マリスアングル [ 誉田哲也 ]
価格:1,760円(税込、送料無料) (2024/2/25時点)


誉田哲也さんの31冊目は、
<姫川玲子>シリーズです。

本作より別シリーズだった魚住久江が参戦しました。
従来からの、犯人視点、姫川視点での語りに加えて、
魚住視点が追加され面白みが増しましたね。
やはり<姫川玲子>シリーズは長編が良いです。

さて、勝手にベスト3です。

<誉田哲也ベスト3>
 1. 武士道 シリーズ
 2. ジウ サーガ
 3. 姫川玲子 シリーズ


今回の『マリスアングル』は、
第3位のシリーズになります。

| 勝手にベスト3 | 2024-02-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

今村翔吾(9)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国武将伝 西日本編 [ 今村 翔吾 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/2/21時点)


今村翔吾さんの9冊目です。

東日本編に引き続き、西日本編です。
やはり西国の方が有名武将は多いですね。
全国の城巡り好きには、知識が増えてとても良かった。

<今村翔吾 ベスト3>
 1. 塞王の楯
 2. 幸村を討て
 3. 八本目の槍


今回の『戦国武将伝 西日本編』は、
第7位とします。

| 勝手にベスト3 | 2024-02-21 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

今村翔吾(8)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国武将伝 東日本編 [ 今村 翔吾 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/2/13時点)


今村翔吾さんの8冊目です。

23人の戦国武将のエピソード。
西日本編と合わせて各都道府県から一人ずつ。
有名ではない武将もこの形なら取り上げられますね。
良い試みだと思います。

<今村翔吾 ベスト3>
 1. 塞王の楯
 2. 幸村を討て
 3. 八本目の槍


今回の『戦国武将伝 東日本編』も良いのですが、
どうしても小粒にはなってしまうので、
7位とします。

| 勝手にベスト3 | 2024-02-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

逢坂冬馬(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

同志少女よ、敵を撃て [ 逢坂 冬馬 ]
価格:2,090円(税込、送料無料) (2024/2/10時点)


逢坂冬馬さん、初登場です。

ソ連の女性狙撃手の物語。
第2次大戦の独ソ戦はほとんど知識がありませんでした。
女性兵士から見た戦争とは―――
良作だと思います。

それでは、勝手にベスト3です。

<逢坂冬馬 ベスト3>
 1. 同志少女よ、敵を撃て
 2. ―
 3. ―

1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2024-02-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

香納諒一(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂時計 警視庁強行犯係捜査日誌 [ 香納諒一 ]
価格:2,200円(税込、送料無料) (2024/1/31時点)


香納諒一さん、初登場です。

ザ・警察小説―――という感じです。
中編集ですがクオリティは高いと思います。
タイミングが合えば、別作品を読みたいです。

それでは、勝手にベスト3です。

<香納諒一 ベスト3>
 1. 砂時計 警視庁強行犯係捜査日誌
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2024-02-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

今村翔吾(6,7)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茜唄(上) [ 今村 翔吾 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/1/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茜唄(下) [ 今村 翔吾 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/1/21時点)


今村翔吾さんの6、7冊目です。

本作の題材は平家物語。
ラストはそう来たかという感じ。
文句なく面白いです。

<今村翔吾 ベスト3>
 1. 塞王の楯
 2. 幸村を討て
 3. 八本目の槍


今回の『茜唄』は惜しくも、
第4位とします。

| 勝手にベスト3 | 2024-01-21 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(28)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い絵 [ 原田 マハ ]
価格:1,870円(税込、送料無料) (2024/1/17時点)


原田マハさんの28冊目です。

ダークなストーリーの短編集です。
他の作品に比べると異質な感じがします。
それでもアート題材の短編はやはり良いのですが、
ドロドロの女性のエロスはちょっとね・・・

それでは、勝手にベスト3です。

<原田マハ ベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. 美しき愚かものたちのタブロー


今回の『黒い絵』は、
25位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2024-01-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

柚月裕子(20)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫) [ 柚月裕子 ]
価格:913円(税込、送料無料) (2024/1/9時点)


柚月裕子さんの20冊目です。

結構前の2015年の作品です。
最近の作品の出来はあまり良くありませんが、
本作の<完全犯罪>は良く出来ています。
このクオリティで今後も書いて欲しいです。

それでは、勝手にベスト3です。

<柚月裕子ベスト3>
 1. 最後の証人
 2. 盤上の向日葵
 3. 孤狼の血


今回の『ウツボカズラの甘い息』は、
8位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2024-01-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

青山美智子(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤と青とエスキース [ 青山 美智子 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/12/27時点)


青山美智子さん、初登場です。

1枚の絵をめぐる連作短編集です。
「おー」とうなってしまったほど、良い小説でした。

それでは、勝手にベスト3です。

<青山美智子 ベスト3>
 1. 赤と青とエスキース
 2. ―
 3. ―


1冊目ですが文句なく、
第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2023-12-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(85)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青瓜不動 三島屋変調百物語九之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:2,090円(税込、送料無料) (2023/12/24時点)


宮部みゆきさんの85冊目になります。
<三島屋変調百物語>シリーズの第9弾です。

短編である第3話を除いて、
今回は読みごたえのある話ばかりでした。
怪異よりも人々の暮らしが切ない。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『青瓜不動』は、
第2位にランクインのシリーズとなります。

| 勝手にベスト3 | 2023-12-24 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT