FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮部みゆき(80)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きたきた捕物帖 [ 宮部 みゆき ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/8/21時点)


宮部みゆきさんの80冊目になります。

新シリーズ開幕です。
お馴染み、江戸・深川での捕物帖。

他作品ともリンクしたりして、嬉しい趣向です。
主人公たちの成長物語にもなっていて、
期待通りの面白さでした。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『きたきた捕物帖』は、
残念ながら第4位とします―――が、
今後のシリーズ化で、ランクインしてくるかも。

| 勝手にベスト3 | 2020-09-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

辻村深月(11)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツナグ 想い人の心得 [ 辻村 深月 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/8/17時点)


辻村深月さんの11冊目は、名作『ツナグ」の続編です。

期待通りの内容でした。前作から9年振りとのこと。
まだ前作を読んでない人は、前作から読むことをおすすめします。
2冊連続で読める人はラッキーですね。

さて、勝手にベスト3です。

<辻村深月ベスト3>
 1. スロウハイツの神様
 2. かがみの孤城
 3. ぼくのメジャースプーン


今回の『ツナグ 想い人の心得』は、
惜しくもランクインせず。
『ツナグ』の4位に続く、第5位にします。

| 勝手にベスト3 | 2020-09-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

柚月裕子(6)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

検事の死命(1) (角川文庫) [ 柚月裕子 ]
価格:715円(税込、送料無料) (2020/8/6時点)


柚月裕子さんの6冊目は、
<佐方貞人>シリーズの3作目です。

2作目の『検事の本懐』に引き続き、
主人公佐方の検事時代の短編集です。
『本懐』と話しが繋がっているエピソードがありますので、
順番に読むことをおすすめします。

それでは、勝手にベスト3です。

<柚月裕子ベスト3>
 1. 最後の証人
 2. 盤上の向日葵
 3. 孤狼の血


今回の『検事の死命』も面白いのですが、
柚月作品はどれもおすすめなので、
第5位とします。

| 勝手にベスト3 | 2020-09-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(79)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続 [ 宮部みゆき ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/7/27時点)


宮部みゆきさんの79冊目になります。
<三島屋変調百物語>シリーズの第6弾です。

聞き手が代わりましたが、臆病な聞き手は、
怖ろしさをより感じさせる効果があるのかも。
中心人物が代わっても、面白さは変わりません。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『黒武御神火御殿』は、
第2位にランクインのシリーズとなります。

| 勝手にベスト3 | 2020-08-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(14)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カンタベリー・テイルズ (講談社文庫) [ 真梨 幸子 ]
価格:726円(税込、送料無料) (2020/7/13時点)


真梨幸子さんの14冊目です。

パワースポットを絡めた5つの連作短編集。
イヤミス感は低く、登場人物の連作要素もあっさり目。
作風を模索中という時期なのかもしれません。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 弧虫症
 3. みんな邪魔


今回の『カンタベリー・テイルズ 』は、
12位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2020-08-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真藤順丈(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝島 [ 真藤 順丈 ]
価格:2035円(税込、送料無料) (2020/7/1時点)


真藤順丈さんの直木賞受賞作です。

戦後から返還までの沖縄が舞台です。
敗戦後の史実をベースに、圧倒的な迫力で、
当時の沖縄の現実が迫ってきます。

作者は沖縄出身ではないそうですね。
ビックリです。

さて、勝手にベスト3です。

<真藤順丈 ベスト3>
 1. 宝島
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-08-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

柚月裕子(5)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

検事の本懐【電子書籍】[ 柚月裕子 ]
価格:539円 (2020/6/15時点)


柚月裕子さんの5冊目は、
<佐方貞人>シリーズの2作目です。

1作目の『最後の証人』では、
佐方自身については謎が多いままでしたが、
本作では若かりし検事時代のエピソードが語られます。

短編集なので小粒な作品もありますが、
十分に面白いです。
3作目を読むのが楽しみですね。

それでは、勝手にベスト3です。

<柚月裕子ベスト3>
 1. 最後の証人
 2. 盤上の向日葵
 3. 孤狼の血


今回の『検事の本懐』も良いのですが、
惜しくも第4位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-07-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(13)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロク、ヌレ! (講談社文庫) [ 真梨 幸子 ]
価格:796円(税込、送料無料) (2020/6/8時点)


真梨幸子さんの13冊目です。

真梨作品の代名詞<イヤミス>としては、
<イヤ>感は少ないように思いますが、
そういった作品より、ミステリ感は強いです。
個人的には<嫌い>ではないです。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 弧虫症
 3. みんな邪魔


今回の『クロク、ヌレ!』は、
8位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2020-07-15 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマダマコト(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

月の女神に 希望の歌を
(Amazon Kindleだけの出版物なので、楽天ブックスにはなく
画像が貼れませんが、仕方ないのでAMAZONへのリンクのみ)

ヤマダマコトさん初登場です。

恋愛ファンタジーにミステリ要素を絡めたお話。
内容的には悪くないと思うのですが、
過去にアニメで見たような感じがするのは何故かな。

さて、勝手にベスト3です。

<ヤマダマコト ベスト3>
 1. 月の女神に 希望の歌を
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-07-08 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

大崎梢(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。


大崎梢さん初登場です。

デビュー作の本作は、書店での<日常の謎>を扱った、
連作短編ミステリです。

管理人の好きなジャンルなので、
その分辛口になってしまいますが、
<謎>自体にもう一捻り欲しかった。

さて、勝手にベスト3です。

<大崎梢 ベスト3>
 1. 配達あかずきん
 2. ―
 3. ―


1冊目なので、第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2020-06-24 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT