FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グイン・サーガ(144)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

流浪の皇女 (グイン・サーガ144巻)
五代 ゆう
早川書房
売り上げランキング: 98,386

栗本薫さんの<グイン・サーガ>正篇を引き継ぐ、
続編の第14作です。

ようやくヤガ篇も終了に近づきました。
栗本さんの絶筆がこのヤガ篇でしたので、
やはり感慨深いものがあります。

さて、グインの<勝手にベスト3>はこれです。

<グイン・サーガ 『継承者』 ベスト3>
 1. 五代 ゆう
 2. 宵野 ゆめ
 3. 円城寺 忍


宵野ゆめさんが休養中ですので、
この一言。

「五代さん、頑張ってくださいね」
(めぞん一刻より)

| 勝手にベスト3 | 2019-04-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

辻村深月(10)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

かがみの孤城
かがみの孤城
posted with amazlet at 19.03.06
辻村 深月
ポプラ社
売り上げランキング: 507

辻村深月さんの10冊目です。

不登校の7人の中学生が、鏡の中に集められ―――
ファンタジーテイストですが、とても真面目なストーリー。
ハートウォーミングな良いお話でした!

さて、勝手にベスト3です。

<辻村深月ベスト3>
 1. スロウハイツの神様
 2. かがみの孤城
 3. ぼくのメジャースプーン


今回の『かがみの孤城』は、
惜しくも第2位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-04-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(4)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

みんな邪魔 (幻冬舎文庫)
真梨 幸子
幻冬舎
売り上げランキング: 28,017

真梨幸子さんの4冊目です。

著者の言うところの"ドロドロ三部作"の3番目に当たります。
登場するオバさんたちが破滅していく過程が怖いです。

ホントに悲惨な話ばかりなんですが、何か中毒性があります。
<怖いもの読みたさ>とでもいいましょうか。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. みんな邪魔
 3. 女ともだち


今回の『みんな邪魔』を、
第2位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-03-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(7)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)
原田 マハ
幻冬舎 (2016-11-30)
売り上げランキング: 17,292

原田マハさんの7冊目です。

モネだけでなく、印象派全体の入門本にもなっています。
『ゴッホのあしあと』を読んだ時もそうでしたが、
フランスに旅行して、ゆかりの地を訪ねてみたくなりました。

<原田マハベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. ジヴェルニーの食卓


今回の『モネのあしあと』は、
第6位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-03-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

三浦しをん(11)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

政と源 (集英社オレンジ文庫)
三浦 しをん
集英社 (2017-06-22)
売り上げランキング: 30,077

三浦しをんさんの11冊目です。

タイトルと装丁から時代小説かと思いましたが、
そうではなく、下町に暮らす2人の年寄りが主人公です。

自分も年を取った所為か、とても良かった。
つまみ簪(かんざし)職人というのも珍しいですね。

さて、勝手にベスト3です。

<三浦しをんベスト3>
 1.風が強く吹いている
 2.まほろ駅前 シリーズ
 3.政と源


今回の『政と源』は、
第3位にランクインです。

| 勝手にベスト3 | 2019-03-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(6)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)
原田 マハ
幻冬舎 (2018-05-30)
売り上げランキング: 48,537

原田マハさんの6冊目です。

ゴッホを描いた小説『たゆたえども沈まず』について、
著者自らの解説本と思えば、間違いないでしょう。
先に、『たゆたえども沈まず』を読むことをお勧めします。
どの部分が事実で、どの部分がフィクションだったのか、
良くわかります。

<原田マハベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. ジヴェルニーの食卓


今回の『ゴッホのあしあと』は、
第5位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-03-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

女ともだち (講談社文庫)
真梨 幸子
講談社 (2012-01-17)
売り上げランキング: 77,962

真梨幸子さんの3冊目です。

著者曰く、”ドロドロ三部作”の最初の作品とのこと。
続く作品が『殺人鬼フジコの衝動』というのなら、
これは必読ですよね。

本作も凄まじい女性たちが登場します。
かなり極端な人だと思いますが、
フィクションなので、<アリ>だと思います。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 女ともだち
 3. インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実


今回の『女ともだち』は、
第2位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-02-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(72,73)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

英雄の書(上) (新潮文庫)
宮部 みゆき
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 78,709

英雄の書(下) (新潮文庫)
宮部 みゆき
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 59,658

宮部みゆきさんの72,73冊目になります。

出だしは現代小説ですが、途中からファンタジーになります。
宮部さんは言うまでもなく多才な作家さんですが、
ファンタジーが一番ダメだと思います。
本作は宮部作品としては期待外れでした。

さて、勝手にベスト3です。

<宮部みゆきベスト3>
 1. 火車
 2. ソロモンの偽証
 3. 龍は眠る

 
今回の『英雄の書』は、60位くらいとします。
複数巻の作品もありますので、最下位に近いです。
残念!

| 勝手にベスト3 | 2019-02-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

坂木司(18)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

女子的生活
女子的生活
posted with amazlet at 19.01.05
坂木 司
新潮社
売り上げランキング: 145,542

坂木司さんの18冊目です。

前半のテイストは、ずっと昔に読んだ橋本治さんの
<桃尻娘>シリーズを思い出していました。
後半は、いつもの坂木作品のテイストになりますが、
どちらが好きかは評価が分かれるところです。

さて、勝手にベスト3です。

<坂木司ベスト3>
 1. 動物園の鳥
 2. 和菓子のアン
 3. ホテルジューシー


今回の『女子的生活』は、
8位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2019-02-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

米澤穂信(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

満願 (新潮文庫)
満願 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.01.01
米澤 穂信
新潮社 (2017-07-28)
売り上げランキング: 3,773

米澤穂信さんの3冊目です。

内容はバラバラな短編集ですが、
いずれの短編もラストでゾクッとくる感じが
1冊の本としてまとまっていると思います。

さて、勝手にベスト3です。

<米澤穂信ベスト3>
 1. 満願
 2. 儚い羊たちの祝宴
 3. 氷菓


今回の『満願』を、第1位とします。

| 勝手にベスト3 | 2019-02-06 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT