FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2021年2月に観た映画

2021年2月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
2月に観た映画のレビューです。

「海底47m 古代マヤの死の迷宮」(2019)
評価:B
前作がスマッシュヒットしたので続編を―――
この安易な企画ではやっぱり前作を超えられませんね。
よくあるパターンです。

「MORTAL モータル」(2020)
評価:B
超常能力を身につけてしまった男の悲しい話。
ノルウェー映画です。
美しいノルウェーの景色が印象的でした。

「イップ・マン 序章」(2008)
評価:B+
ブルース・リーの師匠の話。
悪役は日本軍ですが、これは仕方ないでしょう。
久しぶりに面白いカンフー映画でした。

「イップ・マン 葉問」(2010)
評価:A
シリーズ第2弾。舞台を香港に移して、
悪役も日本人から西洋人に変わりました。
懐かしのサモ・ハン・キンポーも良かった。

「イップ・マン 継承」(2015)
評価:B
シリーズ第3弾。今回は同門対決。
前作のエンタメ度が高すぎたためか、
本作は抑えめな作りとの印象でした。

「イップ・マン 完結」(2019)
評価:B+
シリーズ完結篇。舞台はサンフランシスコ。
1作目から引っ張ったブルース・リーもやっと活躍します。
全体的にとても良いシリーズでした。

「アドリフト 41日間の漂流」(2018)
評価:B
ヨットで遭難したカップルの実話。
サバイバル映画的な脚色はありません。
ラブストーリーにしたのは面白いです。

「カイジ ファイナルゲーム 」(2020)
評価:B
カイジの映画第3作。
ざわ…ざわ… キンキンに冷えてやがるっ!
この2つの言葉を聞いたら、以上終わり。 

「空母いぶき」(2019)
評価:B
かわぐちかいじ原作マンガの映画化。
専守防衛での戦闘シーンは悪くなかった。
逆に言えば、それ以外は見るところがありません。

「グッド・ネイバー」(2016)
評価:B
謎めいた隣人が登場するスリラー映画。
いくつか捻った作りになっているのは好印象。
<嫌ミス>系かも。

「金メダル男」(2016)
評価:B
ウッチャンこと内村光良監督。監督3作目だそう。
ほのぼのした雰囲気は良いです。

以上、今月は11本でした。

| 勝手にレビュー | 2021-03-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2021年1月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
1月に観た映画のレビューです。

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」(2017)
評価:B
伝説のウィンブルドン決勝戦。
リアルタイム世代としては、この試合だけで十分。
サイドストーリーはオマケかな。

「クロール -凶暴領域-」(2019)
評価:B
ワニinハリケーンという設定は米映画ならでは。
主人公達の不死身ぶりが、少しやり過ぎですが、
サメばかりじゃなくてワニもいいね。

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(2019)
評価:B+
エピソード9、とにかく完結です。
初作から42年、全てリアルタイムで観てきた世代には、
とても感慨深いものがあります。

「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」(2018)
評価:B-
高速通信用の光ケーブルを敷く話。
大きな盛り上がりもなく、あまり面白くなかった。

「TENET テネット」(2020)
評価:B
いつも難解なクリストファー・ノーラン監督作品。
時間が逆行&順行する映像は新鮮。
時間が経ってからまた観ると面白いかもしれません。

「ミッドウェイ」(2019)
評価:B-
ローランド・エメリッヒ監督の太平洋戦争映画。
この時期の日本海軍って、まだこんなに強かったというのが、
意外に感じました。ストーリーは不思議と単調です。

以上、今月は6本でした。

| 勝手にレビュー | 2021-02-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年12月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今年最後のエントリとなりました。
12月に観た映画のレビューです。

「ランボー ラスト・ブラッド」(2020)
評価:B
<ランボー>シリーズではなくて、
別の主人公でも成立しそうなストーリーです。
アクションだけがランボーのテイストなのかな。

「アナと雪の女王2」(2019)
評価:B
大ヒットしたディズニー映画の続編。
エルサの魔法など謎解きは悪くなかったですが、
ストーリー自体は平凡でした。

「名探偵ピカチュウ」(2019)
評価:B
ポケモンの実写版。
キワモノ映画かと思ったら意外に真っ当でした。
ピカチュウって、毛があったんですね。

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」(2016)
評価:B+
カナダの有名画家の伝記映画。
貧しい生活、不自由な体―――それでも幸せ。
絵がそう語っていますね。

「ゾンビ・サファリパーク」(2015)
評価:B
恐竜ではなくゾンビのジュラシックパーク。
ゾンビ映画のバリエーションも増えましたね。
割と良く出来たゾンビ映画だと思います。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(2020)
評価:B
長澤まさみ主演の詐欺師ドラマの劇場版第2弾。
コンゲームとしての出来はあまり良くありません。
出演キャラの魅力でカバーしている感じ。

「ANNA アナ」(2020)
評価:B+
リュック・ベッソン監督お得意の女スパイ映画。
安定の面白さですが、すっかりエンターテイメント路線で、
フランス映画の哀愁感はなくなってしまいました。

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」(2017)
評価:B+
こちらはリュック・ベッソン監督のSF映画。
うまく色々な要素を詰め込んでいました。
器用な監督にもなったんですね。

以上、今月は8本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-12-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年11月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
11月に観た映画のレビューです。

「いま、会いにゆきます」(2004)
評価:B+
竹内結子が抜群に魅力的です。
ファンタジーの入った現実感のないストーリーでも、
その存在感に魅せられました。
逝ってしまったんですね。合掌。

「映画 賭ケグルイ」(2019)
評価:B
マンガ原作。浜辺美波主演。
TVドラマもあったんですね。その続編です。
ギャンブルの心理戦はお話の題材として使いやすいのかな。

「スキャンダル」(2019)
評価:B
FOXニュースでの実話がベース。
実在の人物がバンバン出て来ます。
悪い話なのに、よく実名で作ったものです。

「Fukushima 50」(2020)
評価:B+
もうすぐ10年になるんですね。
日本人はこの出来事を絶対に忘れてはいけません。
もしメルトダウンしていたらと考えるとゾッとします。

「エジソンズ・ゲーム」(2019)
評価:B
直流送電か交流送電かの電流方式戦争の実話。
二人の天才、エジソンとテスラの対比が面白かった。

「前田建設ファンタジー営業部」(2020)
評価:B+
実在の企業の広報企画の実話。
映画の作りもファンタジーでしたが、正解でしょう。
真面目に作って地味になってしまっては本末転倒だし。

「ラッシュ/プライドと友情」(2013)
評価:B+
F1のラウダとハントのライバル物語。
当時をリアルタイムで知っているオジサンには、
ぐっと来るものがありました。

「ルパン三世 THE FIRST」(2019)
評価:B
3D CGアニメのルパン。
名作にはならないでしょうが、よく頑張ったと思います。
個人的には第1シリーズと映画2本でルパンは終わってます。

「ジャージー・ボーイズ」(2014)
評価:B+
クリント・イーストウッド監督によるミュージカルの映画化。
『シェリー』で有名なバンド<フォー・シーズンズ>の物語です。
『君の瞳に 恋してる』のオリジナルでもあったんですね。

以上、今月は9本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-12-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年10月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今月の最終日のエントリとなりました。
10月に観た映画のレビューです。

「1917 命をかけた伝令」(2019)
評価:B+
第1次世界大戦が舞台の戦争ドラマ。
シームレスなワンカット映像が見事。
これほど臨場感、没入感が違うとは思わなかった。

「映画 鈴木先生」(2012)
評価:B+
TVドラマシリーズが面白かったので視聴。
先生や生徒に感情移入する年齢は過ぎており、
フラットな視線で見て面白かった。

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」(2012)
評価:B
実際の出来事から着想したミステリー。
フランス映画は雰囲気がありますね。
捻った脚本は面白いですが、少し強引かも。

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」(2019)
評価:B
訳ありの二人が出会い旅するロードムービー。
ファンタジーのようですが、時折リアルになります。
気負わずに見る映画でしょう。

「人魚の眠る家」(2018)
評価:B+
東野圭吾原作。
ミステリではないですが、テーマは重い。
映画としての出来も良いと思います。

「シャボン玉」(2016)
評価:A
乃南アサ原作。
逃亡者が田舎で人情に触れ更生する―――
よくあるストーリーですが、本作はおすすめ。

「空飛ぶタイヤ」(2018)
評価:B+
池井戸潤原作。
映像化としては出来が良い方だと思います。
TOKIOの長瀬くんも悪くなかった。

「七つの会議」(2018)
評価:B
こちらも池井戸潤原作。
半沢ドラマの役者さんばかり。
こういう映画の作り方もあるのかと思いました。

以上、今月は8本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-10-31 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年9月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
9月に観た映画のレビューです。

「孤狼の血」(2018)
評価:B+
柚月裕子の原作どおり、往年の東映やくざ映画の雰囲気満載。
映画脚本のアレンジが気になるも、良い出来だと思います。

「真珠の首飾りの少女」(2003)
評価:B+
フェルメールの名画をモチーフにした映画。
<あのアトリエ>を映像で見られるのは嬉しい。
絵の具を材料から作る過程も興味深かった。

「ドリームハウス」(2011)
評価:B+
ダニエル・クレイグ主演のサイコスリラー。
二転三転するストーリーは中々のもの。

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」(2019)
評価:B+
偶然本作もダニエル・クレイグ主演のミステリ映画。
本格推理の雰囲気からイギリス映画かと思ったら違った。
アガサ・クリスティーに捧げるとのこと。納得。

「ミッドサマー」(2019)
評価:B
アリ・アスター監督の"怖い"映画。
監督デビュー作の『へレディタリー 継承』と雰囲気が似てます。
<明るいことが、おそろしい>というキャッチはいいですね。

「(r)adius ラディウス」(2017)
評価:B
アイデア一発勝負のSFスリラー。
こういう映画はどんなラストにするかがポイント。
個人的には悪くないと思います。

「グッドライアー 偽りのゲーム」(2019)
評価:B
ヘレン・ミレン主演のコンゲーム。
肝心のストーリーがいまひとつ雑な気がしますが、
それなりに楽しめるのではないでしょうか。

「野性の呼び声」(2020)
評価:B
ワンコが主役で、ハリソン・フォードが助演です。
なんと通算6度目の映画化だそう。
CGワンコは評価が分かれるところ。

「帝一の國」(2017)
評価:B
マンガ原作。菅田将暉主演。
評価が高かったので見てみましたが、
まあフツーかと。

以上、今月は9本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-09-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年8月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
8月に観た映画のレビューです。

「タイムライン」(2003)
評価:B
タイムトラベルものとして王道な映画。
行先の英仏100年戦争は、日本人には馴染みが薄いです。

「エスケープ・ルーム」(2019)
評価:B+
サバイバル・シチュエーション・スリラー。
「SAW」シリーズが好きなので、楽しめました。
こういう映画にもお金をかけるようになったんですね。

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」(2020)
評価:B
バットマンの敵役ジョーカーの元カノが主人公。
全ては、このキャラ<ハーレイ・クイン>の魅力次第の映画。
ストーリーはオマケです。

「MEG ザ・モンスター」(2018)
評価:B+
ジェイソン・ステイサム主演のサメ映画。
設定や役者にチャイナ・マネーが滲み出ていますが、
それを除けば悪くないです。

「セザンヌと過ごした時間」(2016)
評価:B
友人であるセザンヌと小説家エミール・ゾラの物語。
著名な画家も売れない貧困時代があることが多いですが、
親友だけが成功するのは更に辛いでしょうね。

「ピーナッツ」(2006)
評価:B
ウッチャンが監督・主演の(草)野球映画。
芸人仲間総登場のよくあるストーリーでした。

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」(2019)
評価:B+
長澤まさみ主演の詐欺師ドラマの映画版。
ドラマは見ていませんが、本作から見てもついていけます。
あまり深読みせず、先入観なしに見たほうが楽しいです。

「ラストレター」(2020)
評価:B+
好きです。岩井俊二監督作品。
誰にも明らかですが「Love Letter」から着想してます。
キャストも被っていて、姉妹作品のようです。

以上、今月は8本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-09-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年7月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
7月に観た映画のレビューです。

「パラサイト 半地下の家族」(2019)
評価:B+
アカデミー賞作品賞を取ったのはビックリでした。
現代での貧富の対比の描き方が評価されたのかな。
後半の展開は好みが分かれるところ。

「記憶にございません!」(2019)
評価:B+
三谷幸喜監督・脚本の作品は好きです。
キャスティングも面白いですよね。
ROLLYはわからなかった。

「男はつらいよ おかえり 寅さん」(2019)
評価:A
寅さん新作。寅さんは全部A評価です。
山田洋次監督、よくぞ作ってくれました。
50年50作。人生まるかぶりです。

「黒い司法 0%からの奇跡」(2019)
評価:B+
冤罪の死刑囚を救う弁護士の実話。
米国で黒人差別が普通に日常で起きていることを、
思い知らされます。

「アップグレード」(2018)
評価:B+
電脳化された近未来SF映画。
低予算ですが、脚本が良いです。
最近面白いSF映画が無いという方にお勧めします。

「アス」(2019)
評価:B
ドッペルゲンガーが現れる異色のホラー映画。
アイデアも面白く、プロットも良いのに、出来が悪い。
もっとうまく作れば、カルト人気が出たかもしれません。

「キラー・メイズ」(2017)
評価:B-
段ボールの迷路というアイデア一発勝負の映画。
低予算B級映画なら、脚本に力を入れないとダメですね。

以上、今月は7本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-07-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年6月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
6月に観た映画のレビューです。

「レザボア・ドッグス」(1992)
評価:B+
タランティーノの監督デビュー作。
ラストでの偶然が謎を生み出すことによって、
更に深読みしてしまいました。面白い。

「コーンヘッズ」(1993)
評価:B
トンガリ頭の宇宙人が地球で暮らすコメディ。
LIFE!での内村光良の宇宙人総理にも似てますね。
敵役が移民局というのが、風刺が効いてます。

「ピッチ・パーフェクト2」(2015)
評価:B
アカペラの楽曲が素敵な映画の続編。
もはや主役はおデブのエイミーですね。
しかし肝心の勝負曲がライバルに負けてるでしょ。

「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」(2017)
評価:B+
シリーズ完結編。
最後らしくストーリーも派手になっています。
一方、楽器ありの楽曲も多くなりました。

「イエスタデイ」(2019)
評価:A
ビートルズが存在しない世界で、もし自分だけが曲を知っていたら…
ビートルズ・ファンには最高の映画でした。
マンガの『僕はビートルズ』よりこっちが好き。

「リチャード・ジュエル」(2019)
評価:A
実在の冤罪事件をクリント・イーストウッド監督が映画化。
主人公のお人好し過ぎる性格にハラハラします。
こういうディテールがうまい監督ですよね。

「FOUJITA」(2015)
評価:C
エコール・ド・パリの画家、藤田嗣治の伝記映画。
フジタの絵があまり出て来ません。期待外れ。
映画自体も画面が暗すぎます。

「永遠の門 ゴッホの見た未来」(2018)
評価:B
アルル以降のゴッホの伝記映画です。
ゴッホの視線にぼかしを入れたり、
個人撮影のようなカメラワークだったり、
自分には理解できなかった。

「スケアリーストーリーズ 怖い本」(2019)
評価:B
原作が児童文学のホラー。
子供の頃に本で読んだら怖かっただろうなぁ。

以上、今月は9本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-07-01 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年5月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今月の最終日のエントリとなりました。
5月に観た映画のレビューです。

「フォードvsフェラーリ」(2019)
評価:B
日本人にはあまり馴染みがありませんが、
米国人の憧れのスポーツカーがシェルビーなのは、
このエピソードが理由なんでしょうね。

「ジュマンジ/ネクスト・レベル」(2019)
評価:B+
新シリーズの続編。
リブートは違和感あったけど、慣れたのか今回は良かった。
きっと、まだ続くんでしょう。

「LOVE LETTER」(1995)
評価:B+
岩井俊二監督の映画は良いですね。
日本映画のしっとりとした情感があるように思います。
セルフアニメ化すればいいのにね。

「ナビゲーター」(1986)
評価:B-
ディズニーの少年と異星人もの実写映画。
1986年のSF映画に『エイリアン2』があるのを考えると、
子供向けとはいえ、クオリティは今一です。

「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010)
評価:A
バンクシーが監督した一筋縄では行かないドキュメンタリー映画。
実は巧妙に仕組んだシナリオ通りに現実の世界を動かして見せ、
更にそれをドキュメンタリーにしたのではないかと感じました。
アートとは?創作とは?―――シニカルで深い。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018)
評価:B
韓国映画を日本版アレンジでリメイク。
コギャル文化はとても懐かしい感じがするのに、
当時の音楽が古臭く感じないのは何故だろう。

「君の膵臓をたべたい」(2017)
評価:B
<狙った>タイトルが嫌で、なんとなく敬遠していました。
物語としては不治の病の美少女というベタな内容ですが、
結局ヒロインの魅力次第(特に実写)なんだと思います。

「天気の子」(2019)
評価:B+
新海誠監督のアニメ映画。
「君の名は。」の次の作品というのはすごいプレッシャーでしょうね。
それでも本作の映像美は健在ですし、及第点だと思います。

以上、今月は8本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-05-31 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT