日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アセットアロケーションとポートフォリオ

もう8年以上もこのブログを続けてきて、
いまさら何を言ってるんだという話なのですが―――

アセットアロケーションとポートフォリオの用語の使い方が、
ごっちゃになっている過去記事があります。<(_ _)>

そこで自分なりに一言で違いがわかるような説明を
自信満々で考えました。

「アセットアロケーションは計画で、ポートフォリオは結果」

ところが下の説明を見ると、これでは不十分なようで……

SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集
ポートフォリオからの引用
ポートフォリオが具体的な商品の詳細な組み合わせを意味するのに対し、大まかな資産配分のことをアセットアロケーションといいます。
一人前のインデックス投資家への道は険しいです。

| 我的投資用語解説 | 2016-03-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

年金原資保証型変額個人年金保険

今年も確定申告の時期が近付いてきましたが、
昨年は母親の分も申告書を作ったのでした。

その理由がタイトルとなっている、
「年金原資保証型変額個人年金保険」
というやたら長い名前の保険の解約返戻金があったためです。

簡単にこの金融商品の特徴をまとめると、

<メリット>
相続時に生命保険金の非課税枠が使える。
元本保証(運用中は生命保険、満期後は年金原資)

<デメリット>
運用期間中は保険と運用関係のコストが年3%位かかるため、
運用益は期待できない。

一言で言ってしまうと、
「元本のままでいいから相続時に非課税にしたい人向け」
といったところでしょうか。

結論としては、途中解約を母親にすすめました。
時期が良かったため、11%ちょいのリターンがありましたが、
他の金融商品だったらもっとリターンがあったんでしょうね。
元本保証型ですので、かなりリスクヘッジしているのではないかと思います。

このリターン分については、母親は年金生活者なので
確定申告して税金もゼロになりました。

母親はとても元気ですし、2018年3月で満期となれば、
生命保険の非課税も関係なくなるので、
悪くない選択だったと思っています。

| 我的投資用語解説 | 2016-02-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資を続けられる人、続かない人

投資を続けられる人と、
続かない人との違いは何だろう。

管理人が投資を始めたころを思い出すと、
まずは本などを読んで知識を蓄え、
そしてえいやと思いきってボタンをクリック、
そんな感じだったのを記憶しています。

少しの<知識>と<勇気>があれば、
それなりに始めることは出来そうな気がしますが、
それを継続するには?

スポーツなんかだと、<根気>だったり、
<習慣化>だったりしますけど、
それとはちょっと違いますよねぇ。

投資をやめてしまう人の多くは、
下がり相場で嫌気が差す、あるいは狼狽してしまう、
その様なことかと思います。

やっぱり、投資を継続できる人は、
「許容できるリスクを設定できる人」
なんだろうなぁと思いました。

| 我的投資用語解説 | 2015-09-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

REITの読み方

先日、テレビのニュースを見ていて、
不動産の値上がりはREITによるもの――
みたいなコメントがありました。

コメント自体に何か言うつもりはないのですが、
それを話していた人の、REITの読み方に、
違和感を覚えました。

文字で書くのは難しいのですが、
平坦に、少し尻上がりに、
 りぃとぉ
と発音していました。
若者が言う「クラブ行って踊る?」の
「クラブ」みたいな感じ。

管理人の読み方は、
頭にアクセントを置き、
 りー
と発音していました。
こっちは「学校のクラブ」の
「クラブ」と同じように。

どうも前者の読み方は、
なんとなく据わりが悪い……

皆さん、どう読んでるんだろう。

| 我的投資用語解説 | 2014-03-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

理財商品

中国の不動産バブルは弾けるのか?

これも随分前から言われてますが、
どうなんでしょうね。

その一因となっているらしいのが、
理財商品。
理財商品(りざいしょうひん)とは、中国における人民元建ての資産運用商品のこと。特定の商品と言うわけではなく、日本語における「資産運用」が中国語における「理財」と捉えて問題ない。中国においては定期預金の金利よりも高い利回りが提示されているため人気がある。

理財商品へ投資された資金多くが不動産やインフラへ投資されている。これらの資金は一方で金融当局の監視が行き届かず、シャドーバンキング(影の銀行)問題の一つとされる。

金融・経済用語辞典> より引用

先日TVで見た勧誘パンフの例は、
なんとペライチの紙。

駅などで配っているらしいのですが、
書かれているのは、

 期間と利率と金額のみ

例えば、100日、年率6%、5万元とか。
他には投資先も何も書いてありません。
(興味のある方は、"理財商品チラシ"で画像検索をどうぞ)

これを買うのか??
恐ろしい・・・

| 我的投資用語解説 | 2013-11-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドルコストが万能だったら・・・

ドル・コスト平均法について、改めて考えてみました。
このブログにお越しの方には、ドル・コスト平均法が何なのかは、
釈迦に説法だと思いますので、簡単にまとめだけ。

<長所>
平均取得単価が低くなる

<短所>
他の投資法より、リターンの合計が低くなる場合がある
 例1:ずっと上げ調子なら、最初に一括投資した方がリターンが多い
 例2:上げでも下げでも一本調子なら、定数投資の方がリターンが多い

万能ではないドルコストですが、管理人も行なっています。
現実問題として毎月積み立てするには、定額積立が基本になりますよね。

ただし長所である<平均取得単価が低くなる>も、
金融資産が増えてくるにつれてその効果は薄れます。

現在投資対象のファンドが100万積み上がっているということは、
例1と同じように現時点で一括100万投資したのと同じことだからです。
そこに毎月1万積み立てても、大きな効果はありません。

ではどうするか。
ドルコストが万能であるならば、100万を一端解約して、
また毎月積み立て直すことになります。

やりますぅ?

やらないとすれば、その人もドルコストが必ず儲かる投資手法だとは
考えてなかったということなんですよね。

売り手のセールストークを信じ込んではいけないという
ひとつの例かもしれません。

| 我的投資用語解説 | 2013-08-24 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

乱高下

この週末に新聞やテレビで、よく目にした言葉です。

恥ずかしながら管理人は、読み方を間違えていました。
「らんこうげ」と読むんですね。
乱高下 【ランコウゲ】
相場などが短期間のうちに激しく上下に動くこと。
~ デジタル大辞泉より

実は、<やたらと相場が上がっている状況>という意味だと思い込んでました。 (^^;
この意味から、乱(らん)高(だか)下(か)と読むのかなぁ~と。 (^^;;

思い込みって、怖いです。

| 我的投資用語解説 | 2013-05-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイナス金利

木曜日のニュースでした。

自民党の安倍晋三総裁は15日、都内で講演し、日銀の政策金利について「ゼロにするか、マイナス金利にするぐらいのことをして、貸し出し圧力を強めてもらわなくてはいけない」と述べた。

マイナス金利って、なに?

預金するとお金が取られる?
借金するとお金がもらえる?

その通りらしいです。
下記で投資家にも有名な藤巻さんの記事が読めます。
(日経新聞サイトの無料会員でOK)

「マイナス金利」政策が円高ニッポンを救う  フジマキ・ジャパン社長 藤巻健史氏

大胆な政策ですよね。
ホントになったらスゴイかも。

| 我的投資用語解説 | 2012-11-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーマン・ショック~ドラクエ風

リーマン・ショック(2008年9月15日)からもうすぐ4年になるんですね。
以下、ドラクエ風にお読みください。



リーマン・ブラザースAがあらわれた!
リーマン・ブラザースBがあらわれた!

トウシカはにげだした!
しかしまわりこまれてしまった!

リーマン・ブラザースAはサブプライムをとなえた!
トウシカはこおりついた!

リーマン・ブラザースBはふりょうさいけんをなげつけた!
つうこんのいちげき!!
トウシカはだいダメージをうけた!

トウシカはチカラつきた。
おかねははんぶんになってしまった・・・

| 我的投資用語解説 | 2012-09-01 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウンテン、ゴーイング、マンスリー

本ブログ読者であれば、ご存知、
3種の個人向け国債の愛称です。

固定金利型3年満期のマンスリーは、
毎月発行なので、マンスリーですね。

固定金利型5年満期のゴーイングは、
5(ご)年間、固定金利が続くので、ゴーイング?

変動金利型10年満期のマウンテンは、
登り下りがある変動金利なのでマウンテンだそうです…

センス無っ!

| 我的投資用語解説 | 2012-02-12 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT