FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

京極夏彦(13)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。

今回読み終わったのはコチラ。

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)
(2009/06/12)
京極 夏彦

商品詳細を見る

京極夏彦さんの13冊目になります。

一冊一冊が、分厚いことでも有名な京極さんですが、
この本も1300頁あり、3~4冊分のボリュームがあります。

分冊版もあるのですが、やっぱりこの”箱本”が好きです。
このボリューム感が魅力の一つでもあります。
(携帯には不便なんですが…)

さて、ベスト3です。

<京極夏彦ベスト3>
 1. 魍魎の匣
 2. 狂骨の夢
 3. 鉄鼠の檻


すべて<百鬼夜行シリーズ>からです。
初期の作品が多くランクインしています。

主人公<京極堂>の薀蓄(うんちく)が、
今よりも初期の頃の方が多かったような気がした結果です。

| 勝手にベスト3 | 2009-08-29 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |