FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山口雅也(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

生ける屍の死 (創元推理文庫)生ける屍の死 (創元推理文庫)
(1996/02)
山口 雅也

商品詳細を見る

山口雅也さんの本は、初めてです。
結構ボリュームがあるので年末年始に読んでみました。

読んでみようと思ったきっかけは、
<このミステリーがすごい!> 1988-2008年版ベスト・オブ・ベスト 2位
にランキングされていたからです。

印象は、<海外ミステリの翻訳版のような感じ>がしました。
管理人は元々、海外古典ミステリのファンではないこともあり、
あまり評価は高くないですね。
確かに誰も考えなかったアイデアだとは思いますが…

さて、1冊目なので作家別ベスト3になりません。
こういう場合は<このミス>ランキング作品からのベスト3になります。

<このミステリーがすごい!> からのベスト3
 1. 火車/宮部みゆき
 2. 魍魎の匣/京極夏彦
 3. 白夜行/東野圭吾
   毒猿 新宿鮫II/大沢在昌


このランキングを脅かすのは容易ではないです。

| 勝手にベスト3 | 2010-01-09 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |