FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

浅田次郎(17)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

活動写真の女 (集英社文庫)活動写真の女 (集英社文庫)
(2003/05)
浅田 次郎

商品詳細を見る

浅田次郎さんの17冊目になります。

原作が良くても、映画化されたらガッカリというパターンは多いですよね。
そんな中で、浅田さん原作の映画は良いものが多いです。
(壬生義士伝は、良かったなぁ)

この<活動写真の女>自体、古き良き日本映画をモチーフとした話ですが、
映画化されたものを見てみたい!と、強く思いました。
滅多にそんなこと思わないんですけどね。

さて、ベスト3です。

<浅田次郎ベスト3>
 1. プリズンホテル
 2. 地下鉄に乗って
 3. 角筈にて (「鉄道員」に収録)


実は映画で見てしまった<壬生義士伝>とか<憑神>は読んでないので、
ランキングの対象外なのです。
ご了承を…

| 勝手にベスト3 | 2010-04-10 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |