FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

北村薫(20)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

玻璃の天 (文春文庫)玻璃の天 (文春文庫)
(2009/09/04)
北村 薫

商品詳細を見る

北村薫さんの20冊目です。

<令嬢と女性運転手(ベッキーさんとわたし)>シリーズの第2弾です。
雰囲気は<円紫さんと私>シリーズに似ていると思います。

北村作品の雰囲気が良く出ているシリーズです。

おかしな喩えかもしれませんが、
文学に造詣が深くない人でも、その良さに触れたような、
絵でいえば、絵心のない人でも絵がわかったような気になる、
そんな感じがするから北村作品は不思議です。

それでは勝手にベスト3です。

<北村薫ベスト3>
 1. 夜の蝉 (円紫さんと私シリーズ第2作)
 2. スキップ(時と人3部作第1作)
 3. 盤上の敵


残念ながらランクインはしませんでしたが、
このシリーズの第3弾で、
北村薫さんは直木賞を受賞したんですよね。
文庫化が待ち遠しいです。

| 勝手にベスト3 | 2010-08-08 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |