日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2018年3月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
3月に観た映画のレビューです。

「メカニック」(2011)
評価:B
ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画。
この方の場合、同じような映画になるのが欠点ですが、
本作は弟子を取るので珍しいと思ったら、リメイクなんですね。

「メカニック:ワールドミッション」(2016)
評価:B
続編ですが、こちらはいつものステイサム映画です。
はっきり言って、他の映画と区別がつきませんが、
ステイサム映画はそれでいいんです。

「咲 -Saki-」(2017)
評価:C
麻雀マンガの実写化。
原作を知らないのでキャラに付いていくのが、
しんどいです。

「ブレードランナー 2049」(2017)
評価:B+
あの名作の続編ということで期待しすぎた感がありますが、
悪くはなかったと思います。
ホログラムのAIが素敵でした。

「トライアングル」(2009)
評価:B+
ホラータッチの時間ループもの。
好きなシナリオのジャンルなので、高評価です。

「ライト/オフ」(2016)
評価:B+
ジェームズ・ワン製作のホラーは良いですね。
DVDで見たので、別のラストが特典映像にありました。
カットしないでも良かったなぁ。

「パーフェクト・ルーム」(2014)
評価:B-
ハリウッドリメイクということで脚本に期待しましたが、
ミステリーとしての出来が良くありませんでした。

「ゴーストシップ」(2002)
評価:B
幽霊船が舞台のホラー映画。
冒頭と謎解きの殺戮シーンが秀逸ですが、
ホラーとしては特に特筆すべき所はありません。

「探検隊の栄光」(2015)
評価:B
川口浩探検隊のパロディというかネタばらしというか。
いずれにせよ川口か藤岡のどちらかのヒロシを見ていないと
ただのつまらない映画でしょう。

「貞子vs伽椰子」(2016)
評価:B
恐れていたほど酷くはなかった。
傑作にはなりえない企画モノですが、
最初からそのつもりで見れば大丈夫。

「メアリと魔女の花」(2017)
評価:B
ジブリ出身の米林監督作品。
どうしても比較されて、ジブリ劣化版とされてしまうのは、
宿命とはいえ厳し過ぎると思います。

「コンテイジョン」(2011)
評価:B
ウイルスパンデミックの話。
このジャンルでは『アウトブレイク』が新鮮でしたね。
今ではかなり身近な話になりました。

「三度目の殺人」(2017)
評価:B+
法廷ミステリなのかな。
人を裁くのは誰―――というテーマなんでしょうね。
ミステリとしては悪くないと思います。

以上、今月は13本でした。

| 勝手にレビュー | 2018-04-04 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |