FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今回はなんとプレゼンター!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」

もう先週の日曜日のことになってしまいましたが、
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に、
受賞ファンドのプレゼンターとして参加しました。

なかなかイベントには参加できなかったのですが、
今回プレゼンター選出に抽選で当たったようです。 (^^)
それも第1位の担当ということで、またビックリ。

内容に関しては既に、"迅速な"ブロガーさん達が、
詳細にレポートしてくれていますので、
今回は、何かのご縁で一緒にプレゼンターを担当した
若きブロガーさん達の記事を紹介します。

「てっぺのマネーハック」の
てっぺさんの記事
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました。
(イベント当日の記事が見当たらなかったので関連記事です)

「20代会社員の身銭を切った投資ブログ」の
とみますさんの記事
Fund of the Year 2018に初参加!! プレゼンターを経験して

「The Millionaire Next Door を目指すブログ」の
ETSUさんの記事
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 波乱の結果

「4+4=6でもない。8はパーなのだ。」の
くは72さんの記事
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に参加してきた

最後に裏話をひとつ。

プレゼンターは、舞台に出てから赤い封筒を開いて、
初めて受賞ファンドを知るわけですが、
2位が「ニッセイ外国株式インデックスファンド」でしたので、
1位の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド」は、
2位の発表時点でわかってしまいました。

まあその分、ファンド名を読み上げる心の準備が、
出来たのかもしれません。(^^♪

| 投資情報クリッピング | 2019-01-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(2)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実 (徳間文庫)
真梨幸子
徳間書店 (2012-11-02)
売り上げランキング: 148,168

真梨幸子さんの2冊目です。
『殺人鬼フジコの衝動』の続編です。

こんなに続編が気になり、すぐに読みたくなったのは
久しぶりのことです。
本作も期待を裏切らず、いや~なストーリーです。 (^^;

前作の謎が解かれますので、セットで読むことをお勧めします。
管理人は、前作で分かったと思っていたことが、
ものの見事にひっくり返されました。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実
 3. ー


今回の『インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実』は、
第2位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-01-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

生活防衛資金の預け先

管理人は、一昨年から<資産積立>と<年金積立>を
分けて管理していますが、"お財布"の数としては、
これ以外に、<生活費>と<生活防衛資金>があります。

これらは基本的にそれぞれ口座が別となっています。

資産積立:SBI証券、マネックス証券
年金積立:楽天証券
生活費:メガバンク
生活防衛資金:ネット銀行

今回の話題は、生活防衛資金の預け先です。
生活費のメガバンク口座のように、
収入と支出を毎月クルクル回す必要はありませんが、
いざという時に換金性が悪いのも困ります。

そこで普通預金でも金利の高い楽天銀行と、
円定期のキャンペーン金利の高い住信SBIネット銀行に、
半分づつくらいを預けています。

楽天銀行のマネーブリッジ普通預金の金利が0.1%、
住信SBIネット銀行の6か月円定期の金利が0.2%と、
メガバンクとは雲泥の差がありますよね。

| 資産運用(その他) | 2019-01-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年1月の投資

今年最初の積立を行いました。

<資産積立>
 先進国株式:
  ニッセイ外国株式インデックスファンド
 日本株式:
  ニッセイTOPIXインデックスファンド
 新興国株式:
  eMAXIS slim 新興国インデックス


<資産積立>は、SBI証券にて従来NISAでの購入です。
買い付け比率は、自分のポートフォリオに合わせ、
先進国:日本:新興国 = 38:23:12
としています。

<年金積立>
 企業型確定拠出年金+マッチング拠出:
  外国株式インデックス


企業型DCは、会社拠出(退職金の一部)に加えて、
同額のマッチング拠出です。
<年金積立>の使途は、公的年金受給のない、
60歳から65歳までの期間に使うお金になります。

従来NISAでの積立は、2014年からのロールオーバーで
投資可能枠に1円単位の端数が出ましたので、
まずは、その端数分を加えて投資しました。

さらにそれを、中途半端な比率で3分割しましたので、
もし誰かがそれぞれの投資金額だけを見たら、
何故にこの金額? ―――と思うんでしょうね。 (^^)

| 管理人のインデックス投資 | 2019-01-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
真梨幸子
徳間書店 (2011-05-07)
売り上げランキング: 41,067

私は、フジコ 殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
徳間書店 (2013-07-19)
売り上げランキング: 19,355

真梨幸子さん初登場です。

本作からの強烈な衝撃をバンバン浴びて、
サンドバッグ状態になりました。
そして予想を超える更なる展開。
おすすめです。

限定版には次作への序章となる、
短編『私は、フジコ』が入っているとのことで、
電子書籍で早速購入して読みました。
次作にも期待です。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. ー
 3. ー


今回の『殺人鬼フジコの衝動』は、
1作目ですが、堂々第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2019-01-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

下がってワクワク

年末の株価下落でがっかりした人は、
世の中に沢山いると思います。

管理人も「とうとう来たかぁ~」と思いましたが、
一方で、<下がってワクワク>していました。

別に空売りとかをしていたわけではなく、
以前買いそびれた優待目当ての個別株を
買うチャンスが来るかもしれないからです。

もちろんインデックス投資がメインですので、
優待株は数万円で買えるものだけが対象ですが、
ちょっとした遊び感覚で数銘柄保有しています。

実は年末に2日連続で下がった時に、
ひとつ買いました。

まだいくつか候補がありますので、
また下がってもワクワクできます。 (^^)

| 資産運用(その他) | 2019-01-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

禁煙9年9か月経過

おカネがなければ生きてはいけない、
幸せでなければ生きている資格がない――
「しあわせリタイア計画」 ~健康です。


月初吉例、禁煙期間の更新記録です。
117か月を経過しました。

今後もインデックス投資と同様に、
淡々と禁煙期間を積み立てて行きます。

そしてこちらも定例の、
ランニング走行距離です―――が、
今回は年間の結果です。

<2018年の合計走行距離>
 1041 km


目標の1000キロをクリアしました。
これで4年連続の1000キロ超えとなりました。
今年も頑張ろう!

| しあわせリタイア計画 (健康) | 2019-01-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年12月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今年最初のエンタメ水曜日は、
12月に観た映画のレビューです。

「ちはやふる -結び-」(2018)
評価:B+
競技かるた青春映画の完結編。
うまい実写化だったと思います。
ラストの映像化は素晴らしいアイデアでした。

「オーシャンズ8」(2018)
評価:B
<オーシャンズ>シリーズの女性版。
割と淡々と物語が進んでいく感じ。
今ひとつ盛り上がりに欠けたかなぁ。

「怒り」(2018)
評価:B
過去を隠した3人の誰が殺人犯なのか――
ストーリーの構成は抜群なセンスを感じましたが、
肝心の<怒り>が伝わってこなかった。

「イリュージョニスト」(2010)
評価:B
セリフのほとんどない海外アニメーション。
もの悲しい雰囲気の絵とストーリー。
なんとなく晩年のチャップリンを思い出しました。

「ジュラシックワールド/炎の王国」」(2018)
評価:B+
流石に1作目の感動はないですが、それでも面白いです。
ラストの展開は次作を期待させますね。
どうにも好きになれないのは、遺伝子操作の恐竜です。

「カメラを止めるな!」(2017)
評価:B+
話題の低予算インディーズ映画。
ゾンビ映画と思って見たところ―――
予想とは違っていましたが、面白かった。

「イコライザー」(2014)
評価:B
デンゼルワシントン主演のアクション映画。
勧善懲悪の王道を行く作り。負ける気がしません。
へたに弱みを見せるよりは、この割り切りが良いかも。

「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(2018)
評価:B+
トム・クルーズ主演のシリーズ6作目。
だいぶ年を取ったけど、まだまだ元気なトムさん。
同世代として頑張っていただきたい。

「スノーデン」(2016)
評価:B
実話だけに、映画的な盛り上がりには欠けます。
いまどき一般企業でも使えないSDカードを使ったりして、
突っ込みどころはありますが、よく出来ている方だと思います。

「ブレアウィッチ」(2016)
評価:C
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の20年後という設定。
POVの擬似ドキュメンタリーの手法をそのまま流用。
20年経って、劣化版を見せられました。

「新宿スワンⅡ」(2017)
評価:B
歌舞伎町スカウトマンの続編。
マンガ原作未読ですが、前作は実写化の成功例だと思います。
2作目のジンクスか、本作はいまひとつでした。

「家族はつらいよ2」(2017)
評価:B
山田洋二監督の喜劇映画の続編。
現代の問題を無理なく取り入れているのは流石。
こういう喜劇もたまには見たいですね。

「ペレ 伝説の誕生」(2016)
評価:A
サッカーの神様ペレの伝記映画。
こういう映画はプレー場面で興醒めしてしまうことが
多いのですが、この役者さんたちは素晴らしかった。
当時、南米が欧州から差別されていたことも良くわかります。

以上、今月は13本でした。


| 勝手にレビュー | 2019-01-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成31年元旦

eto_remake_inoshishi.png
あけましておめでとうございます。
平成最後のご挨拶です。
本ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは60歳定年を現実的な早期リタイアとして、
資産形成のためのインデックス投資と、
リタイア後のもろもろの準備らしきことを、
ゆる~く実践しているブログです。

ブログ記事は以下に関連した内容になっています。

「お金」 ・・・ リタイアに必須。インデックス投資を実践しています。
「健康」 ・・・ リタイア後には、実はお金よりも重要なのではないかと思っています。
「趣味」 ・・・ リタイア後の楽しみ。気楽にできる好きなことを模索しています。


毎年ほとんど変わらない内容ですが、
もしよろしければ本年も昨年と変わらず、
気楽な気持ちでおつきあいください。

| このブログについて | 2019-01-01 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |