FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2019年4月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
4月に観た映画のレビューです。

「万引き家族」(2018)
評価:A
パルム・ドール受賞の是枝監督作品。
観終わった時に、切なくなりました。
役者さんが皆いいです。特に安藤サクラさんは凄い。

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018)
評価:B+
クイーンのフレディ・マーキュリーの伝記映画。
評判がすこぶる良くて期待しすぎたせいか、
リアルタイム世代には、もうひとつ物足りなかった。

「山猫は眠らない」(1992)
評価:B
原題は「Sniper」。そのままがピッタリな内容。
シリーズは7作まで続きますが、たぶん見ません。
ジャングルの映像がとても美しかった。

「アメリカン・ソルジャー」(2017)
評価:B
帰還兵の実話を基にしたストーリー。
戦場は悲惨ですが、帰還しても悲惨です。
現実は本当に厳しい。

「華氏119」(2018)
評価:B+
マイケル・ムーア監督。
デビュー作の舞台であるフリントがまた登場。
つくづく不幸な町ですね。

「パッチ・オブ・フォグ -偽りの友人-」(2016)
評価:B
ロバート・デ・ニーロの『ザ・ファン』を思い出しました。
サイコスリラーは、ヘタなホラーより怖いです。
魔物より人間の方が怖いってことですね。

「そして父になる」(2013)
評価:B+
是枝監督作品。
家族にはただ一つの正解の形なんて、
存在しないということが良くわかります。

「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989)
評価:B
スパイク・リー監督、主演。
もちろん人種問題を扱った映画なんですが、
独特のノリと雰囲気がありますね。

以上、今月は8本でした。


| 勝手にレビュー | 2019-05-01 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |