FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2020年1月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
1月に観た映画のレビューです。

「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」(2015)
評価:B
原作未読のホラー映画。
謎解きの過程がミステリといっても良いと思います。
お化け屋敷的は怖さは必要ない映画です。

「移動都市/モータル・エンジン」(2018)
評価:B+
大戦後の荒廃した未来が設定のSF映画。
巨大な移動都市の映像は迫力ありましたが、
ストーリーは詰め込みすぎでしょう。

「OVER DRIVE」(2018)
評価:B
架空の公道ラリーを舞台にした日本映画。
つまらない恋愛エピソードなんかは入れずに、
レースでの闘いを中心にすれば良かったのに…

「バーニング・オーシャン」(2016)
評価:B
海底油田が爆発するパニック映画。
後半にお約束の展開がないなぁと思っていたら、
実話がベースだったんですね。

「坂の上のアポロン」(2018)
評価:B+
TVアニメからこの実写映画まで通して見ました。
いい年して恥ずかしながら、<胸キュン>でした。
ただしTVアニメ版の方がおすすめです。

「ポラロイド」(2017)
評価:B
オーソドックスなホラー映画。
作りが良いので、十分鑑賞に堪えます。
監督がいいのかな。

「アルキメデスの大戦」(2019)
評価:B+
マンガ原作とのことですが、アイデアもプロットも良く、
太平洋戦争の描き方の視点がとても新鮮です。
演じては、田中泯さんという方がずば抜けていました。

「ぼくの名前はズッキーニ」(2016)
評価:B
フランス語のストップモーション・アニメ。
外国製クレイ・アニメは、味があります。
ジャパニメーションもいいけど、こっちもね。

「花とアリス殺人事件」(2015)
評価:B+
岩井俊二監督作品。『花とアリス』の前日譚。
実写からアニメに変わりましたが、この監督好きです。
前作を本ブログで検索したらA評価を付けていました。

以上、今月は9本でした。

| 勝手にレビュー | 2020-01-29 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |