fc2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

2022年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2023年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2023年1月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今月最終日のエントリは、
1月に観た映画のレビューです。

「キネマの神様」(2021)
評価:B
原田マハさんの原作を読んでから見ました。
すっかり山田洋次監督の映画に変わってましたね。
山田洋次作品としては凡庸。

「NOPE/ノープ」(2022)
評価:B
『ゲット・アウト』『アス』のジョーダン・ピール監督。
随所に良いところもあるのですが、
期待しすぎちゃったかも。

「海上48hours -悪夢のバカンス-」(2022)
評価:B
『海底47m』と同じく<サメ映画>。
邦題のネーミングも力技ですね。
いつもの展開ですが、これでいいんです。

「エスケープ・ルーム2:決勝戦」(2021)
評価:B+
<リアル脱出ゲーム>映画の続編。
テンポが良くて飽きません。
邦題のサブタイトルはセンス悪し。

「小説家を見つけたら」(2000)
評価:B+
ショーン・コネリーは重厚感があります。
同じような作品を何本か見たような気がしますが、
偏屈ジジイと才能あふれる若者のコンビは定番ですね。

「AWAKE」(2020)
評価:B+
将棋ソフトとプロ棋士のガチンコ対決。
実際の対局から着想されていて、とても面白かった。
暗い性格の演技も抜群でした。

「格闘技世界一 四角いジャングル」(1978)
評価:B+
見るのは何度目かな?
見る度に猪木はスゲーなと思います。
過剰な効果音は鼻について不快です。

「激突!格闘技 四角いジャングル」(1979)
評価:B
3部作の第2弾。
ベニー・ユキーデと藤原敏夫は、見ておいて損なし。

「四角いジャングル 格闘技オリンピック」(1980)
評価:B-
第3弾は、猪木vsウイリー戦のための映画かな。
そのウイリー戦も今見ると、案外つまらない。

「100日間生きたワニ」(2021)
評価:B
ネットでの炎上の方が記憶に残るのは、
作品として残念でしょうね。
内容としては普通でした。

「スクール・オブ・ロック」(2003)
評価:B+
偽教師と子供がロックするコメディ。
日本ではありえないノリが突き抜けています。
誰にでもおすすめの映画。

以上、今月は11本でした。

| 勝手にレビュー | 2023-01-31 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

湊かなえ(26)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カケラ (集英社文庫(日本)) [ 湊 かなえ ]
価格:726円(税込、送料無料) (2023/1/28時点)


湊かなえさんの26冊目です。

章ごとに<一人語り>の話者が替わっていく形は、
初期作品を思い出して、好きな構成です。
物事への視点が人によって違うことが顕著にわかります。
それにしても悲しい話でした。

さて勝手にベスト3です。

<湊かなえベスト3>
 1. 告白
 2. 少女
 3. 白ゆき姫殺人事件


今回の『カケラ』は、15位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐伯祐三 展

リタイアしたので、気楽に好きなことをしよう!
<20のやりたいこと>です。


やりたいことリストの13番目、
「展覧会の絵」です。

今回は、東京ステーションギャラリー(東京駅)の企画展です。

佐伯祐三 自画像としての風景
Uzo.jpg

日本人洋画家で一番好きかもしれません。
期待通り、パリの街の絵がとても良かった。

<やりたいことリスト>
・ギザの大ピラミッドに入ってみたい
・日本の城めぐり
・年間パスポートでリピーター
・ホエール・ウォッチング
・キャニオニング
・VR
・ラズパイ/電子工作
・PC自作
・豪華客船クルーズ
・料理教室に通う
・シミュレーション・ゴルフ
・なんちゃら検定
・展覧会の絵
・ランチグルメ
・面白バイト
・オンライン英会話
・ファンクラブで応援
・日帰りバスツアー
・ライブ観戦
・映画三昧/読書三昧

| 20のやりたいこと | 2023-01-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

結果発表 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2022」

オンライン表彰式が昨日行われました。
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2022」

管理人が投票した3ファンドと結果です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
―――第1位
4連覇は本当に見事です。

ニッセイ外国株式インデックスファンド
―――第2位
こちらも3年連続の第2位。
惜しいですが立派ですね。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
―――第20位
ぎりぎりランクインしているところがシブイな、と。

| 投資情報クリッピング | 2023-01-22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

柚月裕子(16)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

慈雨 (集英社文庫(日本)) [ 柚月 裕子 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2023/1/19時点)


柚月裕子さんの16冊目です。

元刑事の<お遍路>のシーンが長いです。
ミステリとして物足りなく感じました。

それでは、勝手にベスト3です。

<柚月裕子ベスト3>
 1. 最後の証人
 2. 盤上の向日葵
 3. 孤狼の血


今回の『慈雨』は、
11位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-19 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅倉秋成(3)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺ではない炎上 [ 浅倉秋成 ]
価格:1815円(税込、送料無料) (2023/1/14時点)


浅倉秋成さんの3冊目です。

なんとなくヒッチコックの映画を思い出しました。
浅倉作品はミステリとしての面白さはもちろん、
社会問題への切り口が見事ですね。

それでは、勝手にベスト3です。

<浅倉秋成 ベスト3>
 1. 六人の嘘つきな大学生
 2. 俺ではない炎上
 3. 教室が、ひとりになるまで


今回の『俺ではない炎上』は、
第2位とします。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

美しきシモネッタ 展

リタイアしたので、気楽に好きなことをしよう!
<20のやりたいこと>です。


やりたいことリストの13番目、
「展覧会の絵」です。

今回は、丸紅ギャラリー(竹橋)の企画展です。

丸紅ギャラリー開館記念展Ⅲ
ボッティチェリ特別展
《美しきシモネッタ》
marubeni_20230114140523a89.jpg

『一枚だけの、美術展。』
このコピーが全てを表していますね。

<やりたいことリスト>
・ギザの大ピラミッドに入ってみたい
・日本の城めぐり
・年間パスポートでリピーター
・ホエール・ウォッチング
・キャニオニング
・VR
・ラズパイ/電子工作
・PC自作
・豪華客船クルーズ
・料理教室に通う
・シミュレーション・ゴルフ
・なんちゃら検定
・展覧会の絵
・ランチグルメ
・面白バイト
・オンライン英会話
・ファンクラブで応援
・日帰りバスツアー
・ライブ観戦
・映画三昧/読書三昧


| 20のやりたいこと | 2023-01-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

高田郁(18)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。


高田郁さんの18冊目は、
<あきない世傳 金と銀>シリーズの第7巻です。

江戸篇も大きな転機がやってきました。
大坂時代よりも自由な雰囲気があって、
とても感じが良いです。

さて、勝手にベスト3です。

<高田郁 ベスト3>
 1. <みをつくし料理帖>シリーズ
 2. <あきない世傳 金と銀> シリーズ
 3. ―


本作は第2位のシリーズとなります。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-15 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(83)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2022/12/28時点)


宮部みゆきさんの83冊目になります。
<三島屋変調百物語>シリーズの第8弾です。

おちかが聞き手で5冊。
代わった富次郎はこれで3冊。
1冊4話か3話ですから、100物語まではまだまだ。
また聞き手も変わるんでしょうか。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『よって件のごとし』は、
第2位にランクインのシリーズとなります。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

澤村伊智(15)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ばくうどの悪夢 [ 澤村伊智 ]
価格:2035円(税込、送料無料) (2022/12/18時点)


澤村伊智さんの15冊目は、
<比嘉姉妹>シリーズの第6弾です。

待ってました!
長編としてはシリーズ4作目。
とても凝った構成で、敵も強かった。
やっぱり<比嘉姉妹>シリーズは面白い。

それでは、勝手にベスト3です。

<澤村伊智 ベスト3>
 1. ぼぎわんが、来る
 2. ずうのめ人形
 3. ばくうどの悪夢


今回の『ばくうどの悪夢』は、
第3位とします。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

真梨幸子(25)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

坂の上の赤い屋根 (徳間文庫) [ 真梨幸子 ]
価格:858円(税込、送料無料) (2022/12/7時点)


真梨幸子さんの25冊目です。

いっときの真梨作品のやたらと複雑な小説ではなく、
最近はだいぶシンプルな謎解きになった感があります。
これは管理人的には好印象です。
あまりにもなんでもありのやり放題だと、
いくら小説とはいえ興醒めします。

それでは、勝手にベスト3です。

<真梨幸子ベスト3>
 1. 殺人鬼フジコの衝動
 2. 弧虫症
 3. みんな邪魔


今回の『坂の上の赤い屋根』は、
12位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅倉秋成(2)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

教室が、ひとりになるまで (角川文庫) [ 浅倉 秋成 ]
価格:748円(税込、送料無料) (2022/12/16時点)


浅倉秋成さんの2冊目は、
特殊設定の学園ミステリです。

ミステリとして十分面白く、
また学校生活の問題がベースにあって、
特に中高生には刺さるんじゃないかな。

それでは、勝手にベスト3です。

<浅倉秋成 ベスト3>
 1. 六人の嘘つきな大学生
 2. 教室が、ひとりになるまで
 3. ―


今回の『教室が、ひとりになるまで』は、
第2位とします。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-11 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

高田郁(17)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あきない世傳 金と銀(六) 本流篇 [ 高田郁 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2022/12/5時点)


高田郁さんの17冊目は、
<あきない世傳 金と銀>シリーズの第6巻です。

とうとう江戸へ。
大阪より土地勘があるので、より面白く感じます。
新たな始まりの物語でもあり、期待が膨らみますね。

さて、勝手にベスト3です。

<高田郁 ベスト3>
 1. <みをつくし料理帖>シリーズ
 2. <あきない世傳 金と銀> シリーズ
 3. ―


本作は第2位のシリーズとなります。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(24)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キネマの神様 (文春文庫) [ 原田 マハ ]
価格:748円(税込、送料無料) (2022/12/31時点)


原田マハさんの24冊目です。

タイトルから予想したストーリーではなくて、
いい意味で裏切られました。
映画は大好きなので、とても楽しかったです
―――が、やっぱり無理があるかな。

それでは、勝手にベスト3です。

<原田マハ ベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. 美しき愚かものたちのタブロー

今回の『キネマの神様 』は、
13位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2023-01-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2023年1月の投資

今年最初の積立を行いました。

 先進国株式:
  ニッセイ外国株式インデックスファンド
 新興国株式:
  eMAXIS slim 新興国インデックス
 全世界株式
  eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)


SBI証券にて、先進国、日本、新興国それぞれの
インデックスファンドを従来NISAで、
楽天証券にて、オールカントリーを通常購入です。
両証券会社とも、5万円分はクレカ積立などの
ポイント対象です。

買い付け比率は目標ポートフォリオに合わせ、
先進国:日本:新興国 = 55:30:15 としています。

年末に優待狙いの個別株を購入しましたので、
今月の日本株式インデックスへの投資はお休みです。

| 管理人のインデックス投資 | 2023-01-08 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

禁煙13年9か月経過

おカネがなければ生きてはいけない、
幸せでなければ生きている資格がない――
「しあわせリタイア計画」 ~健康です。


月初吉例、禁煙期間の更新記録です。
165か月を経過しました。

今後もインデックス投資と同様に、
淡々と禁煙期間を積み立てて行きます。

そしてこちらも定例の、
ランニング走行距離です―――が、
年初吉例、今回は年間の結果です。

<2022年の合計走行距離>
 1100 km


目標の1000キロをクリアしました。
これで8年連続の1000キロ越えで、
1100キロは初めてです。

リタイア生活は時間がありますからね。
今年もガンバロー!

| しあわせリタイア計画 (健康) | 2023-01-07 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

変化

年が明けました。
管理人にとっては本格的なリタイア生活となる、
2年目の年になります。

さて、本ブログの最初の記事が2007年08月19日でした。
最初の記事がコチラ↓
なにもしないことが一番?

そして今、2023年1月ですから、
15年半くらいが経っているんですねぇ。

10年ひと昔とも言いますし。
長く勤めた会社のトップも言ってました。
10年で変わらない会社はダメだ―――って。

ブログというコンテンツ自体が、
<オワコン>かもしれないとも思いますが、
まずは自分で決めたこのブログの縛り、
週三回(水、土、日)の更新については、
拘らないことから始めたいと思います。

明日からはストックを大放出します!

| このブログについて | 2023-01-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2022年12月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
12月に観た映画のレビューです。

「コーダ あいのうた」(2021)
評価:B+
自分以外の家族が聴覚障害である少女が主人公。
コンサートで無音になるシーンが良かった。

「ハウス・オブ・グッチ」(2021)
評価:B
リドリー・スコット監督、レディ・ガガ主演。
グッチの創業家って、こんな結末になるんですね。
まったく知りませんでした。

「ボブという名の猫2 幸せのギフト」(2021)
評価:B+
本人ならぬ本猫が出演の続編。
前作よりもボブが年を取ったなと感じて、
心配になりました。

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」(2021)
評価:B+
黒木華主演。
これはミステリと言っていいのではないでしょうか。
最後はどこに行くのかと引き込まれました。

「漁港の肉子ちゃん」(2021)
評価:B
明石家さんまプロデュースのアニメ映画。
コメディかと思ったら意外にシリアス。
原作が西加奈子さんなんですね。納得。

「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」(2022)
評価:B+
完結編ということで懐かしいメンバーも集結。
都合が良すぎる展開もご愛敬ということで、
うまくまとめたんじゃないかと思います。

「ブレット・トレイン」(2022)
評価:B
ブラッド・ピット主演のクライム・アクション。
おかしな日本の描写にも慣れましたが、
どうせなら舞台を海外にしてしまえば良かったのに。

「老後の資金がありません!」(2021)
評価:B
天海祐希主演のコメディ映画。
資金が減っていく途中までは面白かったが、
後半の展開に希望はあったのだろうか。

「ザ・ブルード/怒りのメタファー」(1979)
評価:B
デヴィッド・クローネンバーグ監督のホラー映画。
『スキャナーズ』や『ザ・フライ』は面白かった。
それより古い本作もまずまずでした。

「ベイビー・ドライバー」(2017)
評価:B
天才ドライバーのキャラが立ってます。
しかし後半の展開は無茶苦茶。
ハッピーエンドも無理筋でしょう。

「モービウス」(2022)
評価:B
スパイダーマンの敵役が主人公。
性格が良さそうなのにヴィランなんでしょうか。
詳しくないのでよくわかりませんでした。

「大怪獣のあとしまつ」(2022)
評価:C
評判悪いので、何がダメかと拝見しました。
そもそも話がつまらない。
以上です。

「劇場版 呪術廻戦 0」(2021)
評価:B+
本編アニメは第1話の途中で挫折したんですが、
意外にも本作は面白かった。
本編アニメにも再チャレンジします。

以上、今月は13本でした。

| 勝手にレビュー | 2023-01-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

令和5年元旦

eto_usagi_kakizome.png

あけましておめでとうございます。
本ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは60歳定年で現実的な早期リタイアをした、
元サラリーマンのゆる~いリタイア生活のブログです。

ブログ記事は以下に関連した内容になっています。

「お金」 ・・・ リタイア生活に必須。インデックス投信を運用しています。
「健康」 ・・・ リタイア生活には、実はお金よりも重要なのではないかと思っています。
「趣味」 ・・・ リタイア生活のお楽しみ。気楽にできる好きなことをしています。


リタイア生活も今年は2年目。
生活リズムが確立するかなぁ。

| このブログについて | 2023-01-01 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |