日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、1月に観た映画のレビューです。

「終の信託」(2012)
評価:C
周防正行監督。
実話に基づく終末医療の問題提起はいいでしょう。
しかし死んで逝く時の、あの演出は許せません。
家族目線で見てしまい、不快感で気分が悪くなりました。

「劇場版 SPEC ~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」(2012)
評価:B
堤幸彦監督。<起承転結>の"てん"に当るんですね。
ドラマでの<起承>は見てないので、ネットで予習してから見ました。
これ好きです。『TRICK』の雰囲気まんまですね。

「男はつらいよ 私の寅さん」(1973)
評価:A
寅さん第12作。寅さんは全部A評価です。
全48作を何回かずつ見てるわけですが、
本作はあまり記憶に残ってませんでした。
その分、新鮮さを感じられるのが嬉しいですね。

「ミート・ザ・ペアレンツ」(2000)
評価:A
ベン・スティラーとロバート・デ・ニーロのコメディ映画。
こういうコメディはやっぱりアメリカ映画がうまいですね。
続編にも期待です。

「カラスの親指」(2012)
評価:B
道尾秀介原作。基本的に原作に忠実だけど、
村上ショージのキャスティングはいかがなものか。
またミステリとしては1つ致命的なストーリーの改竄あり。

「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」(1974)
評価:A
寅さん第13作。寅さんは全部A評価です。
ラストで寅さんが訪れた場所は・・・
このパターン、好きですねぇ。

「ONE PIECE FILM Z」(2012)
評価:C
劇場版第12作目だそうです。
途中でウトウトしてしまいました。
正直なところマンネリかと。

「男はつらいよ 寅次郎子守唄」(1974)
評価:A
寅さん第14作。寅さんは全部A評価です。
おいちゃんが3代目になりました。
恋のキューピッド役は、またひとつの定番ですね。

「ミート・ザ・ペアレンツ2」(2004)
評価:A
コメディ映画の続編。今回はダスティン・ホフマンも登場。
ロバート・デ・ニーロがあいかわらずいい味出してます。
下ネタも多いけど、さっぱりしてて、アメリカだなぁ。

「2012」(2009)
評価:B
ハルマゲドンものです。マヤ予言がベースですけど。
<脱出船>の設定にセンスを感じました。
カタストロフィの映像もイイですが、慣れちゃいましたね。

「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」(1975)
評価:A
寅さん第15作。寅さんは全部A評価です。
リリー再登場。マドンナの登場が意外と遅いことも多いんですが、
今回は初っ端から登場。やっぱり、リリーは特別です。

以上1月は、11本でした。

| 勝手にレビュー | 2014-01-29 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT