日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海外ETFの確定申告 ~その2:準備の続き

前回記事から続きです。
海外ETFの確定申告 ~その1:準備

なんとか過去の取引履歴はわかったものの、
最新の取引以外は取引時点での為替レートが、
記載されていませんでした。

マネックス証券のサイトを探しても
為替のデータは見つからないので、
仕方なく他の金融機関のデータを探すと、
いくつか見つかりました。

 楽天証券の為替データ
 みずほ銀行の為替データ
 三菱東京UFJ銀行の為替データ

しかし当然といえば当然ですが、
微妙にTTMレートが違います。

またもう一つ悩んだのが、
約定日と受渡日のどちらを使ったらいいのか
という問題です。

ルール上はどちらでも選べるようなんですよね。
こういうわかりにくいのは止めて欲しいです。 (^^;)

でもこれは解決しました。
最新の取引報告書には為替レートが載っていて、
それだけ見るとどちらかわからないのですが、
その報告書の作成日が受渡日の前でした。

作成時点で受渡日のレートがわかるはずがないので、
このレートは約定日のものだとわかります。

ということで、以前の取引でも約定日を使うことで
統一できます。

さて、為替レートですが、
同じネット証券会社ということで
楽天証券のデータを使うこととしました。

実際には最新の取引の約定日のデータにも
差がありますが、仕方ないとあきらめました。

「まっ、いいや」と思った理由は、
もし過去の為替レートが10銭違った場合に
どうなるかを計算してみたら、
納税額は数百円しか変わらなかったので。

たぶん問題ないんじゃないかなぁと
勝手に思ってます。

次回の記事は、
申告書類の作成になると思います。

| 資産運用(その他) | 2014-01-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT