FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
5月に観た映画のレビューです。

「ドラゴン・タトゥーの女」(2011)
評価:B
スウェーデン映画のリメイク。
2012年8月にレビューしてますね。
リスベットはオリジナルには敵わなかった。

「男はつらいよ 寅次郎紙風船」(1981)
評価:A
寅さん第28作。寅さんは全部A評価です。
マドンナの光枝がとらやの呼び込みをするシーンは、
もし寅が結婚したら……と思わせる名シーンでした。

「グスコーブドリの伝記」(2012)
評価:B
宮沢賢治の童話をアニメーション化。
原作は青空文庫で読んだなぁ。
主人公は『銀河鉄道の夜』と同じ青い猫です。

「J・エドガー」(2011)
評価:B
イーストウッド監督。ディカプリオ主演。
FBIのフーバー長官の伝記ものです。
色々と屈折していた人だったんですね。

「綱引いちゃった!」(2012)
評価:B
井上真央ちゃんの映画と思いきや、
日本のお母さんの映画でした。
ニッポンのオバちゃんは頑張ってます。

「ザ・ウォード/監禁病棟」(2011)
評価:B
ジョン・カーペンター監督。
しかしこのネタなら3月にレビューした
『アイデンティティー』の方が良かった。

「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」(1982)
評価:A
寅さん第29作。寅さんは全部A評価です。
女性に迫られる寅さん。このパターンは珍しい。
いしだあゆみは薄幸な女性が似合いますね。

「サブウェイ123 激突」(2009)
評価:B
『サブウェイパニック』のリメイク。
中盤までは緊張感があってとても良かったが、
終盤は生煮えのストーリー展開でした。

「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」(1982)
評価:A
寅さん第30作。寅さんは全部A評価です。
ジュリーと田中裕子はこの映画をキッカケに
結婚したんでしたね。確かに魅力的です。

「男はつらいよ 旅と女と寅次郎」(1983)
評価:A
寅さん第31作。寅さんは全部A評価です。
都はるみがマドンナという異色作。
周りが皆うまい役者さんなんでどうしても浮いちゃいます。
『矢切の渡し』がヒットしたのもこの頃なんですねぇ。

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(2013)
評価:B
お笑いの要素が少し洗練されたように感じます。
ちょっとした笑いの要素を入れるのは良いですが、
<嘲笑>になっちゃうと困ります。

「ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島」(2010)
評価:B
ひととおり1作目から見ています。
子供が主人公の連作は難しいですよね。
欧米人は老けるのが早いから。

以上5月は、12本でした。

| 勝手にレビュー | 2014-06-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT