日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
8月に観た映画のレビューです。

「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」(2011)
評価:A
以前機内にて字幕なしで見たので、もう一度。
やっぱり本作が一番良いと思います。

「永遠の0」(2013)
評価:B
何かと話題の多い作者と作品ですが、
映画化としては、良く出来ていたと思います。
日本映画にしてはCGも悪くなかったし。

「アイアンマン3」(2013)
評価:B
3作目ともなると、<なんでもあり>で敵も強いのに、
生身で戦うシーンが多いので、違和感あり。
そういうバランスって難しいですね。

「さよなら子供たち」(1987)
評価:B
ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞受賞とのこと。
フランス語の映画は久し振り。
タイトルのセリフを言う場面は名シーンですね。

「ジュラシック・ワールド」(2015)
評価:A
5年ぶりに映画館に行きました。
いくつか新しいアイデアも入っていて、
良かったと思います。

「アメリカン・ハッスル」(2013)
評価:B
実在の詐欺師の実話に基づく話は複雑に進みます。
脇役のジェニファー・ローレンスは演技派なんだと
納得しました。

「サプライズ」(2011)
評価:B
原題は『YOU'RE NEXT』なのに、変な邦題です。
この英語タイトルのままで良かったのになぁ。
前半と後半で、かなり印象が変わる映画です。

「パリ、テキサス」(1984)
評価:B
カンヌ映画祭でパルム・ドール受賞。
テキサス州にパリがあるんですね。
荒涼としたシーンにギターの音が似合います。

「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」(2009)
評価:B
若き日のジョン・レノンの家族ストーリー。
ビートルズファンには嬉しい映画です。
若い頃と言えば『バックビート』も良かったですね。

「第七の予言」(1988)
評価:C
デミ・ムーア主演のオカルト・スリラー。
ヨハネの黙示録をモチーフにした映画は多いですね。

「薔薇の素顔」(1994)
評価:C
ブルース・ウィルス主演のサスペンス。
ストーリー自体は悪くないんですが、長くて冗長。
ラブシーンばかりが目立ちます。

「テッド」(2012)
評価:B
セリフ主体のコメディはネイティブじゃないと無理。
ただしフラッシュ・ゴードンはツボでした。

「終戦のエンペラー」(2012)
評価:B
無条件降伏後、天皇の戦争責任を問うストーリー。
アメリカ映画ですが日本人向けの内容です。

今月は、13本でした。

| 勝手にレビュー | 2015-09-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT