日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年1月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
1月に観た映画のレビューです。

「96時間」(2008)
評価:B+
リーアム・ニーソン主演の人気シリーズ第1作。
テンポが良くて退屈しません。

「96時間/リベンジ」(2012)

評価:B
シリーズ第2作。
前作のテイストそのままに無理しなかった感じ。
イスタンブールのバザールはロケで良く使われますね。

「96時間/レクイエム」(2014)
評価:B+
シリーズ第3作。
3作目ともなると何かと難しくなるところを、
うまくまとめたとは思います―――が、
役者さんが変わっちゃうのはツライ。

「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(2011)
評価:B
スピルバーグ監督のCG映画。
実写と見紛うばかりのCGはスゴイけど、
だったら主人公は実写で良かったんじゃないかなぁ。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015)
評価:A
リブートではなく4作目ということなんですね。
好きだった世界観が活きているし、終始ずうっと、
カーアクションだけで魅せる潔さがとても良い。

「キャスト・アウェイ」(2000)
評価:A
ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演。
昔見たのを忘れてもう一度見てしまいました。
このコンビなら間違いないですね。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
評価:B+
マーベル・コミックのスペース・オペラ。
こういう映画の違いって、キャラが好きかどうかですね。
本作は、植物人間のグルートが良かった。

「ホビット 決戦のゆくえ」(2014)
評価:B+
3部作の完結編。ヒロイック・ファンタジーでは、
指輪物語シリーズが、一歩抜きん出ていると思います。

「トリプルX」(2002)
評価:B
ヴィン・ディーゼル主演のアクション映画。
最初は一捻りありそうだったんですが、
その後はありきたりな展開となってしまいました。

「マイアミ・バイス」(2006)
評価:B-
人気だったTVシリーズの映画化。
TVシリーズは、ほとんど憶えていませんが、
なにか雰囲気が違うような……

「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」(2013)
評価:A
<キック・アス 2>というより<ヒット・ガール 2>ですね。
前作同様下品で悪ノリ、でもアクションもしっかり。
このシリーズ、好きです。

以上、今月は11本でした。

| 勝手にレビュー | 2016-02-03 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT