日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

<乗換での税金分目減り>シミュレーション

魅力的なファンドが出たときに、いったん手持ちのファンドを売って
買い替えると、利益分に税金がかかり、その分原資が目減りします。

さて、どのくらいの金額なのか、簡単なシミュレーションをしてみました。

まず、わかりやすく極端な例です。
元本100万である期間経ったら、2倍(100%増)になったとします。
この時点で、他のファンドに買い替えた場合は20万の税金を
取られますので、次の期間の原資は180万となります。

WS063.jpg

次のある期間も2倍になったとして、そのままの場合は、
ここで全額売却すると、通期300万の利益に対して
60万の税金となりますが、買い替えの場合は、
第2期のみなので、36万円の税金になります。
結果、元本100万に対し差額は16万円となりました。
(買い替えたファンドのコストもリターンも同じという前提)

これは結果的に元本の4倍にもなる極端な例なので、
次は30%増×2回の場合です。

WS064.jpg

この場合でも、最終的には1.5倍以上になりますが、
この時の差額は1.44万円です。

最後は10%増×2回の場合です。

WS065.jpg

差額は0.16万円となりました。
この場合なら、買い替え先ファンドのコストが0.2%くらい低ければ、
乗り換えても良いかもしれません。

| 簡単な投資シミュレーション | 2016-03-06 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT