日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年8月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
8月に観た映画のレビューです。

「イット・フォローズ 」(2014)
評価:B-
低予算のアイデア一発ホラー。
このアイデアは悪くなかった。
でも消化不良で終わってしまいました。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(2015)
評価:A
リーマンショックを予見した人達の実話。
ヘンな邦題ですが、原題はThe Big Short(売りポジション)。
投資ブログ的には、複雑な金融派生商品(デリバティブ)は、
やっぱり買わない方が無難という感想です。

「プリデスティネーション」(2014)
評価:A
ロバート.A.ハインラインのSF小説が原作。
オーストラリア映画にはめったに出会いませんね。
タイムパラドックスものとしては究極でしょう。

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)
評価:B
<キャプテン・アメリカ>の第2作というより、
<マーベル>シリーズの1つという印象が強いです。
みんな繋がっているので、全部見るのは大変。

「バイオハザード ダムネーション」(2012)
評価:B-
バイオハザードのCG映画第2弾。
バイオって、ウイルスから寄生体に変わって、
それからつまらなくなったような気がします。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016)
評価:B
マーベルに対抗したDCコミックのシリーズなんですね。
今後どういう差別化を打ち出していくんでしょうか。

「28日後...」(2002)
評価:A
イギリスのゾンビ映画。
前に見たような記憶があったんですが、
見始めたらやっぱり最後まで見てしまった。
リアル感があるし、ラストもイイです。

「宇宙人ポール」(2010)
評価:A
SFコメディ映画。
この設定は今までなかった。
『テッド』より面白い。

「ロジャー&ミー」(1989)
評価:B+
マイケル・ムーアのデビュー作。
ロジャーは当時のGMの会長の名前。
マイケル・ムーアは最初からマイケル・ムーアでした。

「ザ・ビッグ・ワン」(1997)
評価:A
こちらも初期のマイケル・ムーア監督作品。
これほど痛快なドキュメンタリーなんて、
絶対に日本では作れないですね。

「7つの贈り物」(2008)
評価:B
ウィル・スミス主演。
全体的に暗い雰囲気なのが気になりました。
残念ながらこの主人公には共感できません。

「メリダとおそろしの森」(2012)
評価:C
原題は「BRAVE」。これもよくわからないタイトルです。
ディズニー/ピクサーでもダメな作品があるんですね。

「LIFE!」(2013)
評価:B
ベン・スティラー主演。監督もやってます。
ベン・スティラーは割と好きなんですが、監督はダメでした。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013)
評価:B
スコセッシ&ディカプリオのコンビ。
シリアス物かと思っていたらコメディなんですね。
3時間は長い。

以上、今月は14本でした。

| 勝手にレビュー | 2016-08-31 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT