日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年2月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
2月に観た映画のレビューです。

「あん」(2015)
評価:B+
樹木希林の演技が光ります。
昔から老け役でしたが、実際にそんな年になってしまったんですね。
シリアスなテーマですが、不思議と重さを感じません。

「シャッター アイランド」(2009)
評価:B
スコセッシ&ディカプリオのコンビ。
原作が叙述ミステリであることを最初から知っていました。
この見方なら2回見なくて済みますね。

「あやしい彼女」(2016)
評価:B+
水田伸生監督が割と好きなので見ましたが、
韓国映画のリメイクなんですね。
それだと独自の突き抜けた展開は無理ですよね。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」(2016)
評価:A+
50年前の映像ですか。今もファンです。
最後の方に映画『レット・イット・ビー』の屋上ライブの映像が流れます。
この映画を見たことない人も多いんだろうなぁ。

「ザ・ブリザード」(2016)
評価:B
50年代に実際にあった海難レスキューの話。
今っぽくない映像と雰囲気は悪くなかったけど、
脚色した部分のストーリーが浮いていた感じです。

「戦火の馬」(2011)
評価:B
ちょっと見ればストーリーは容易に予想がつきます。
バレバレの話でもスピルバーグ監督ならばと期待しましたが、
意外にあっさりと終わってしまいました。

「ハーモニー」(2015)
評価:B-
伊藤計劃作品のアニメ映画化第2作。
原作未読なので映像化の出来はよくわかりません。
単にストーリーが面白くなかった。

「ウォンテッド」(2008)
評価:B
リアリティ無視のアクション映画。
いい意味で、はじけています。
なんといっても弾丸が曲がるのがイイ。

「シン・シティ 復讐の女神」(2014)
評価:B
『シン・シティ』の続編。
モノクロの中に部分的に色を入れるクールな映像は
そのままでしたが、ストーリーが今一つでした。

「フューリー」(2014)
評価:B
ブラッド・ピット主演の戦争映画。
戦車の戦闘シーンはいままでに観たことのない出来でした。
ストーリーは、?マークが付く内容です。

以上、今月は10本でした。

| 勝手にレビュー | 2017-03-01 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT