FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャープレシオの活用法

ファンドの指標として、シャープレシオというものがあります。

シャープレシオ=(リターン-無リスクリターン)/ リスク

例えば、あるファンドのリターンが5%でリスクが10%、無リスクの金融商品(銀行預金とか)のリターンが1%の場合、シャープレシオは、(5-1)/10=0.4となります。

管理人のメイン海外ファンドはマネックス証券によると、それぞれ、
 トヨタアセットバンガード海外株式ファンド → 1.39
 年金積立インデックスF海外債券へッジなし → 1.49
となります。


シャープレシオは、リスクに対してリターンが何倍あるかということなので、大きいほうが良いファンドということになります。
では先ほどの管理人のファンドの場合、債権インデックスファンドの方が株式インデックスファンドより良いという事でしょうか?

考えるに、株式で期待しているリターンと債権で期待しているリターンは違いますので、一概に比較は出来ないと思っています。
リターンとリスクが11%と16%の株式と 6%と8%の債権は同じく0.625のシャープレシオですが、元々期待している特徴が異なります。

同じ海外株式インデックスのいくつかを比較するとか、シャープレシオは同じカテゴリのファンドを比較するのに適していると考えます。

また所詮過去のデータですので将来どうなるかはわかりません・・・

| 我的投資用語解説 | 2007-09-11 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT