FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年2月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
2月に観た映画のレビューです。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」(2016)
評価:B+
岩井俊二監督。黒木華主演。
平凡な顔立ちだと思うんですが、シーンによって
ハッとするように綺麗になる役者さんですよね。

「殿、利息でござる!」(2016)
評価:B
江戸時代の実話に基づくとのことなので、
コメディかと思ったら意外に真面目な話でした。
最期に現在のお店が映ったのは驚き。

「planetarian~星の人~」(2016)
評価:A
近未来SFアニメ。
美少女ゲームキャラがしゃべりまくるのは少々キツイですが、
ストーリー自体は切ない良い話です。

「モンスターズ/地球外生命体」(2010)
評価:C
低予算モンスター映画。
メキシコ国境の巨大な壁を見て思い出したのは、
トランプ大統領でした。

「関ケ原」(2017)
評価:B
石田三成視点で描く天下分け目の合戦。
セリフが早口で聞き取りにくい。

「その女諜報員 アレックス」(2015)
評価:B
ありきたりなアクション映画。
ベストセラー『その女アレックス』とは無関係とのこと。
見事に騙されました。

「忍びの国」(2017)
評価:B
和田竜原作。『のぼうの城』ほどではないですが、
それなりに面白いのはストーリー自体の良さでしょう。

「さかさまのパテマ」(2013)
評価:B+
オリジナルアニメーション映画。
逆重力の世界という設定が命。
くるりと天地が反転するシーンが面白い。

「サクラサク」(2014)
評価:B
さだまさしの小説が原作。
藤竜也が認知症のお爺さん役ですか。
自分の身に置き換えて見てしまいますね。

「13時間 ベンガジの秘密の兵士」(2016)
評価:B
実話ベースのマイケル・ベイ監督作品。
<世界の警察>の立ち位置を考えさせられます。

「アナベル 死霊人形の誕生」(2017)
評価:B+
好きだなぁ、<死霊館>シリーズ。
作品間を繋いでいくのが、とてもうまいです。
本物の人形が登場したのはサプライズ。

「イヴの時間 劇場版」(2009)
評価:B+
近未来SFアニメーション。
アシモフのロボット3原則に真面目に取り組んでいて、
好感が持てます。

「リピーテッド」(2014)
評価:B
記憶が1日しかもたない女性のサスペンス。
ニコール・キッドマンとコリン・ファースは、
流石に存在感がありますね。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(2017)
評価:B
リブート版新シリーズの完結編。
1作目を見たときはこんな流れになるとは思わなかった。
だらだらと続けないのは良いですね。

以上、今月は14本でした。

| 勝手にレビュー | 2018-02-28 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT