FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年9月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今月の最終日のエントリとなりました。
9月に観た映画のレビューです。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)
評価:B+
<マーベル・シネマティック・ユニバース>のフィナーレ。
3時間の大作ですが、とりあえず結末がついたことは、
評価したいと思います。

「ラ・ヨローナ ~泣く女~」(2019)
評価:B
<死霊館シリーズ>に含まれるホラー映画。
ジェームズ・ワンの王道ホラーが好きなら、
それなりに楽しめると思います。

「コララインとボタンの魔女」(2009)
評価:B+
ストップ・モーション・アニメーション。
とにかく絵が綺麗。
ダークなストーリーもいいです。

「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」(2016)
評価:B
シリーズ第5作。これで完結でしょう。
流石にお年を召した所為で、アクションは少な目。
しかし美貌と体型は往時のまま。凄いですね。

「パトリオット・デイ」(2016)
評価:B
ボストンマラソンでの爆弾テロが題材。
実話ベースのため、いわゆるヒーローものでありません。
盛り上がりには欠けますが、現実は深いです。

「トランス・ワールド」(2011)
評価:B+
冒頭では、どんなカテゴリの映画なのかわかりませんでした。
その後、徐々に謎が解けていく過程がうまい。
雰囲気もバッチリで、低予算映画ですが良作です。

「ファインド・アウト」(2012)
評価:B
妄想と判断された誘拐事件の被害者が主人公。
脚本に雑なところが散見されるのが残念。
特にクライマックスはもう少し盛り上げて欲しかった。

「アリー/スター誕生」(2018)
評価:B
レディー・ガガ主演の名作リメイク。
流石の歌声ですね。演技も頑張ってます。

「今夜、ロマンス劇場で」(2018)
評価:B+
綾瀬はるか主演のファンタジーラブストーリー。
モノクロの綾瀬はるかが素敵でした。

「100歳の少年と12通の手紙」(2009)
評価:B+
白血病の少年が主人公のフランス映画。
毒舌のピザ屋の女主人が小気味よいです。
たまのフランス映画でしみじみしました。

以上、今月は10本でした。

| 勝手にレビュー | 2019-09-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT