FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年12月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今年の最終日のエントリとなりました。
12月に観た映画のレビューです。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(2017)
評価:B
1990年版も見た記憶があります。
日本人には、ピエロって怖いイメージがないですね。
子供が戦える設定がうまいと思いました。

「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」(2014)
評価:B
ジョン・トラボルタが天才贋作画家役で主演。
モネの名画を複写しますが、あれでは無理だろうなぁ。
映画自体は、米国定番の家族愛の話です。

「モネ・ゲーム」(2012)
評価:B
本作もモネの贋作が出てきますが、こちらはコメディ。
コリン・ファースにキャメロン・ディアスも出ていて、
配役は豪華ですが、もう一捻り欲しいところ。

「チャイルド・プレイ」(2019)
評価:B+
チャッキーのリブート作品。
AI人形に徹しているのが、良かった。
オカルト色がないのは、英断ですね。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019)
評価:B+
アヴェンジャーズの指パッチン事件後のストーリー。
脚本が良く出来ていたので、退屈しませんでした。
最後のオマケも気になる展開ですね。

「赤い風車」(1952)
評価:B-
赤い風車とはムーラン・ルージュのこと。
障害者だったロートレックの伝記です。
パリはやっぱり恋の街なんでしょうね。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(2019)
評価:B+
ハリウッドもやっと<ゴジラ映画>がわかりましたね。
他の怪獣も出来が良く、特にモスラは良かった。
これなら次作も見たいと思います。

「シャイニング」(1980)
評価:B
続編を見る準備として、再見しました。
今見ると怖くはないですが、映像は見劣りしませんね。
キューブリックは流石です。

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(2019)
評価:B+
<ワイスピ>のスピンオフで、ホブス&ショウが主人公。
変にドミニク一家を出さなくて正解です。
ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムを見る映画です。

以上、今月は9本でした。

| 勝手にレビュー | 2019-12-31 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT