FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【シリーズ第3回】企業経営と資産運用は似てる?<成功体験>

資産運用は企業経営に似ていると言われます。
それなら、企業経営の弊害と言われているものは、
資産運用の弊害にもなるのか――という第3回です。

第3回は、成功体験の弊害です。

過去の成功体験に囚われて、新しい流れに乗り遅れてしまい、
ビジネスがうまくいかなくなった例は沢山あります。

たとえばPCですと、
世界的にはIBM PCの天下という時期がありました。
他社はIBM PCの互換機で、商売していたんですよね。
日本ではNECの98シリーズ。
まさに一人勝ちの状況でした。

そんな時代もWindowsの出現で、PC自体がコモディティ化してしまい、
ファブレスで自社生産しない、販売に長けた企業が台頭しました。
IBMなどはPC事業をLenovoに売却してしまいましたね。

投資環境はどうでしょうか?

何よりも大きな変化は、ネット証券に代表される、
リアルタイム投資情報と売買が可能になったことではないでしょうか?

過去の投資体験での成功は、もはや時代遅れではないかと、
疑ってかかるべきだと思います。

将来のことは誰にもわかりませんが、
過去の成功体験に基づく判断はとても危険なのかもしれません。

ちなみに管理人はインデックス投資でまだ成功していません… (^_^;)

≪過去記事≫
 シリーズ <企業経営と資産運用は似てる?>
  第1回 「成果主義」
  第2回 「マニュアル偏重」

| 資産運用(その他) | 2008-11-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT