FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「いざ」という時のお金 ~生活防衛資金~

生活防衛資金とは、万が一の時に備えて株や投資信託などの投資資金とは分けて持つお金です。
いくら持っていれば良いのかというのはとても難しく、生活費の半年分とか2年分必要だとか書かれている本があります。

どんな時に必要になるかというと、大きく分けて2つあると思います。
 1) 病気やケガによる長期療養
 2) リストラや倒産による失職

どちらも縁起でもないのですが、これこそ考慮しなくてはならない最大のリスクであることは確かですね。

さて運悪くこのような状況に陥ったときですが、こんな非常事態で呑気に投資を続けていられるでしょうか?
損はするかもしれませんが、株や投資信託を換金することにそれほど時間がかかるわけではありません。それこそ非常事態なのですから仕方ないと誰もが思うでしょう。

管理人の流動性資産(銀行預金など)の目標比率は10%です。これを少ないと感じる向きもあるかと思いますが、残りの90%がまったく換金できないものではありません。
「いざ」となれば売ってしまえばいいだけのことだと思います。

付け加えると、近々まとまった金額を使う予定(車買換えとか子供の進学とか)があれば、それは分けておいたほうが良いと思います。(管理人もそうしています)

| 我的投資用語解説 | 2007-10-10 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT