fc2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

確率の錯覚 ~モンティ・ホール問題

確率に関する有名な問題です。

あるTV番組で賞品を当てる状況を想像してください。3つのドアがあります。1つは当たりでドアを開けると賞品があり、2つは外れです。
解答者がどれかのドアを選ぶと、当たりのドアを知っている司会者は、残りのドアのうちの外れを1つを開けます。そして、初めの選択のままでよいか、もう1つのドアに変更するか、ファイナルアンサーを問いかけます。
どちらを選ぶべきでしょうか?

残りは2つで当たりは1つなので、どちらを選んでも確率は同じ1/2?
いえいえ、必ずドアを選びなおすべきなのです。

選びなおさない場合は、最初に選んで当たる確率1/3のままです。選びなおす場合は、司会者が外れを除外してくれるので2つのドアを選べることと等価となり確率2/3となるのです。

う~ん、なんで?と思った方は、”モンティ・ホール”でググって色々なサイトをみてください。
確率は前提条件で変わってしまうということと、ちょっと行動ファイナンスにも関係あるかなと思い、取り上げてみました。

| 雑談 | 2007-10-17 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT