FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リスク許容度 ~製造業の人へ

前回のリスクはバラツキの続きです。リターンが5%でリスクが10%というのは、平均値が5%で標準偏差が10%の正規分布ということでした。

製造業で標準偏差σ(シグマ)といえば±3σが有名ですね。正規分布では、中心から±3σの幅にほとんど(99.7%)のデータが存在します。この性質は品質管理の一番の基本で、もし製品の規格値がこの幅より内側にあればあるほど、不良品垂れ流しとなります。

逆に考えれば、目標とする不良率(=許容できる不良率)から、バラツキの目標もおのずと決まってきます。

投資の世界では±2σ(約95%をカバー)で考えるのが一般的だそうなので、リターンが5%でリスクが10%ならば、マイナス2σの位置は 5-20=-15 ですので、この-15%を許容できるかどうかというのがリスク許容度です。

(一時的にでも100万円が85万円になる覚悟があるかということですね)

| 我的投資用語解説 | 2007-08-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT