FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GWに観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、GWに観た映画のレビューです。

「世界侵略: ロサンゼルス決戦」(2011)
評価:A
エイリアンはオマケで、ベトナム戦争映画のようでしたが、
"絶対悪と戦う"アメリカ映画は単純明快で出来がいい。
リアルな戦闘シーンの連続はドキュメンタリーのようでした。

「ブラック・スワン」(2010)
評価:B
ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞した作品。
サイコ・スリラー仕立てのスト-リー自体は大して面白くないのに、
彼女の凄い演技のおかげで、最後まで飽きずに見られました。

「ファイナル・デッドブリッジ」(2011)
評価:A
原題は『Final Destination 5』、<ファイデス>シリーズの5作目です。
3と4があったことも知りませんでしたが、1と2が良かったのでレンタル。
かなり死に方がグロいですが、やっぱり面白い。

「ソーシャル・ネットワーク」(2010)
評価:A
説明不要ですね。Facebookの話です。
ザッカーバーグのセリフはとても早口ですが、字幕なので問題なし。
訴訟絡みの話でも、それほどドロドロしてないのも良かった。

「オーシャンズ」(2009
評価:D
所々素晴らしい映像もありますが、NHKスペシャルの方が上。
ドキュメンタリーと言いながらCGを使っていたり、違和感があったので調べてみると、
最もショッキングなサメ漁の映像は作り物だそうですね。ヒドイ。

「八日目の蝉」(2011)
評価:B
誘拐犯に育てられた子供との親子愛を描くストーリー。
生みの親も育ての親も主人公も、出てくる全ての女性が可哀想だなと思っていたら、
すっかり男親の存在すら忘れてました。女性の映画です。

「バイオハザードIV アフターライフ」(2010)
評価:C
ネタ切れでしょうか。
あんまり面白くなかった。

「ファイナル・デッドコースター」(2006)
評価:D
前出のシリーズ5作目が面白かったので、見ていない3と4も借りてしまいました。
本作は3作目ですが、演出とか編集とか映画としての出来が悪かった。

「ファイナル・デッドサーキット」(2009)
評価:B
4作目ですが、原題は『The Final Destination』。
"4"の代わりに"The"が付きました。"決定版"という意味でしょうか?
3D仕様の為、飛び出してくるパターンが多すぎてウザいかも。

「プレシャス」(2009)
評価:B
黒人少女のあまり悲惨な生活環境に圧倒されます。
母親役がとにかく怖い。アカデミー助演女優賞受賞の凄い迫力。

以上、今回は10本でした。

| 勝手にレビュー | 2012-05-09 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT