FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

虫の目、鳥の目、魚の目

企業経営者に向けた言葉に、
 虫(むし)の目、鳥(とり)の目、魚(さかな)の目
というのがあります。

「虫の目」は、周りのものを複眼で色々な観点から見る目のこと、
「鳥の目」は、空を飛びながら全体を見回す目のこと、
「魚の目」は、潮の流れ(世の中の動き)を感じる目のこと、です。

経営者はこの3つの目を持たなければならないというものですが、投資家も常々判断していくところが似ていますので、同じことが言えるかと思います。
「虫の目」で経済状況を様々な側面から分析し、「魚の目」で相場の流れを読む、とか。

さてインデックス投資家ですが、これはやはり「鳥の目」ですよね。
優秀な方は3つの目を駆使するのでしょうが、一般のインデックス投資家としては、この「鳥の目」を持ち、地上で起こる短期的な動きは気にせず空を悠々と飛びながら、長期的なリターンを獲得していけると良いなぁと思います。

| 雑談 | 2008-01-13 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT