FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、9月に観た映画のレビューです。

「うさぎドロップ」(2011)
評価:B
身寄りの無い親戚の女の子を育てる若いおにーちゃんの話。
知ってるかな? 40年前の名作「パパと呼ばないで」。
芦田愛菜ちゃんが将来、杉田かおるになったら嫌だなぁ。

「プレデターズ」(2010)
評価:B
すっかり人気者となった異星人のシリーズ。
<predator>って、<捕食者>って意味なんですね。
変な日本人ヤクザが出てくるのは、ご愛嬌。

「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」(2010)
評価:C
名作レジェンド・ゲームとは、ストーリーの関連性は全くない。
本作のオリジナル・ストーリーは、全く新鮮味がない。
子供向けですね。

「アサルトガールズ」(2009)
評価:D
押井守の実写作品。
押井守は、「うる星」「パトレイバー」「攻殻機動隊」で終わりかな。
チープだし、面白くありません。

「コクリコ坂から」(2011)
評価:B
宮崎吾郎監督作品。「ゲド戦記」より大分良くなった。
父親のマネしてもダメだと気づいたのかな。
でも<ずっとこの世界にいたい>と思わせるジブリ作品のクオリティには至らず。

「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」(1970)
評価:C
40年以上前の怪獣映画。これは見てなかった。
この頃の怪獣映画を見ると、何故か郷愁を感じます。
幼少期の記憶と結びついているんでしょうね。
でも映画1本見るのには、それなりに忍耐力が必要です。

「ネスト」(2009)
評価:C
ケビン・コスナー主演のサスペンス・ホラー。
特に見るべきものはありません。
ラストも中途半端でした。

「ベスト・キッド」(2010)
評価:B
ジャッキー・チェンもお師匠さんになりました。
ジャケットのトレーニングのアイデアは秀逸。
ジャッキーのアイデアなんでしょうね。

「マンマ・ミーア!」(2008)
評価:C
ABBAの曲を使ったミュージカル。
当時はわからなかった歌詞の意味が<そうだったんだ>と。
それ以上の内容は、ありません。

「わたし出すわ」(2009)
評価:B
森田芳光監督。大金を扱う題材なのに非常に地味な感じ。
評価がわかれそうな映画ですが、管理人は良かったと思います。
小池栄子はこの映画でもいい味だしてます。

「Colorful カラフル」(2010)
評価:B
良きにつけ悪しきにつけ、ジャパニメーションですね。
自殺をテーマにしたアニメなんて、海外では無いでしょうから。
良作だと思いますが、実写からのデジタイズらしき背景が多すぎかも。
それに最近は<にこたま>じゃなく<ふたこ>なんですよね。

「死刑台のエレベーター」(1957)
評価:B
マイルス・デイビスのトランペットと雰囲気のあるモノクロ映像がグッド。
ストーリーも流れは良いですが、昔の映画なのでディテールは甘いです。
ヒッチコックなど古いサスペンス映画の雰囲気はイイですねぇ。

以上、今回は12本でした。

| 勝手にレビュー | 2012-10-03 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT