日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

坂木司(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、
読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
(2006/02/23)
坂木 司

商品詳細を見る

坂木司さんの1冊目です。

日常の謎を扱った作品は基本的に好きなんですが、
北村薫さんに並ぶ作家は、いなかったんですよね。
坂木司さんには、その可能性を感じます。

ミステリ色よりも人間の心を扱った題材がとても良い。
青臭さも感じますが、ストレートで純粋な言葉には
心を揺さぶられます。

さて、勝手にベスト3です。

<坂木司ベスト3>
 1. 青空の卵
 2. ―
 3. ―


1冊目ですが、しっかり1位です。

| 勝手にベスト3 | 2013-05-22 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT