FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、6月に観た映画のレビューです。

「ロボジー」(2012)
評価:B
矢口史靖監督作品。ロボットのデザインが好みです。
老人とロボットということで、まったく関係ないけど、
SFアニメ『老人Z』を思い出してしまった。

「G.I.ジョー」(2009)
評価:C
元はおもちゃの人形。子供の頃は高嶺の花でしたね。
キャラ設定など、いかにもアメリカのアニメ。
荒唐無稽を通り越してます。

「チェンジリング」(2008)
評価:A
クリント・イーストウッド監督。アンジェリーナ・ジョリー主演。
本当にこんな事件があったんですね。
実話はラストが難しいこともありますが、本作はラストもうまい。

「インビクタス/負けざる者たち」(2009)
評価:B
ラグビーW杯での開催国南アフリカ優勝の実話。
モーガン・フリーマンのネルソン・マンデラは、
やっぱりはまり役ですね。

「あなたへ」(2012)
評価:B
健さん映画。
80歳過ぎちゃったんですねぇ。
健さんにしか出せない味は健在でした。

「臨場 劇場版」(2012)
評価:B
横山秀夫原作のテレビドラマの劇場版。
ストーリーはオリジナルと思われます。
テレビドラマ風のご都合主義が散見されますので。

「THE 4TH KIND フォース・カインド」(2009)
評価:C
実話がベースってホント?
どれだけ脚色したのかと思って、検索してみると―――
なーんだ、がっかりでした。

「TEKKEN 鉄拳」(2009)
評価:C
格闘ゲームの映画化。
こういう映画は、キャラがどのように映像化されているか
――ということに尽きますね。
カポエイラのエディは、好い線いってました。

以上6月は、8本でした。

| 勝手にレビュー | 2013-06-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT