FC2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、7月に観た映画のレビューです。

「RED/レッド」(2010)
評価:A
ブルース・ウィルスほか豪華キャスティング。
テンポも良く、皆さん年を感じさせませんね。
続編も今年公開されるそうで、これなら見たい。

「12モンキーズ」(1995)
評価:B
ブルース・ウィルス、ブラッド・ピット出演のSF映画。
ストーリーが複雑で、ラスト含めてわかりにくいですが、
よくあるタイムトラベル物でない脚本は良く出来ています。

「HANA-BI」(1997)
評価:A
北野武監督作品。代表作ですね。
観なおしてみると、いつも以上にセリフが無い。
しかしそれは、世界で通用する要素でもあるわけです。

「ニューヨークの王様」(1957)
評価:C
チャールズ・チャップリン最後の主演作。
チャップリンは大好きなんですが、これはダメ。
風刺を通り越して嫌悪が感じられた時点でNGでした。

「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」(1973)
評価:A
寅さん第11作。寅さんは全部A評価です。あしからず。
本作では管理人の好きなエピソード「おもちゃのピアノ」があります。
う~ん、何度見ても切ないなぁ。

「へルタースケルター」(2012)
評価:C
沢尻エリカ主演。
エリカ様のための映画ですね。
綺麗だとは思いますが、映画の中身はありません。

「スリザー」(2006)
評価:B
B級SFホラー。
エイリアン寄生ものです。わかりやすーい展開です。
B級映画はこうでなくっちゃ。これでいいんです。

「アンストッパブル」(2010)
評価:B
実話の列車暴走事故がベースとのこと。
臨場感ありました。ただ惜しむらくはラスト。
えっ、最後にこの方策なのかと。

「男はつらいよ 純情篇」(1971)
評価:A
寅さん第6作。寅さんは全部A評価です。
本作は冒頭の夢シーンがないんですね。
ちょっと寂しい。

以上7月は、9本でした。

| 勝手にレビュー | 2013-07-31 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT