日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今週のエンタメ水曜日は、8月に観た映画のレビューです。

「アジャストメント」(2011)
評価:C
マット・デイモン主演のSFサスペンス。
惜しい。いろんな部分で詰めが甘い。
面白くなるかならないかの教材にしたらどうでしょう。

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」(1992)
評価:A
アル・パチーノのアカデミー賞受賞作。
とても良かったー。
絶品の演技でした。

「デビル」(1997)
評価:-
ハリソン・フォード&ブラッド・ピット2大スター共演作品。
実は1時間くらい見て、ギブアップしました。
過去、最後まで見れなかった作品は載せてなかったんですが、
評価 "-"(なし)にすればいいのかなぁと。
途中で飽きた最初のリストアップ作品になっちゃいました。

「ダーティハリー」(1971)
評価:A
もう40年以上前の作品なんですね。
クリント・イーストウッドの当たり役。名作です。
いろんなネタが多くの映画に影響を与えていると思います。

「ダーティハリー2」(1973)
評価:C
ダメダメな続編でした。
内部の犯行にしたのだけは、当時では斬新だったんですかねぇ?

「ダーティハリー3」(1976)
評価:B
今回は単純明快。
ハリー対悪役。上司はヘタレ。
続編はそういう路線もありだと思いました。

「ダーティハリー4」(1983)
評価:B
あの名セリフ、"Go ahead, Make my day."が出てきます。
本作はクリント・イーストウッド本人が監督しています。
監督としての評価も高い人ですが、その片鱗が覗われます。

「ダーティハリー5」(1988)
評価:C
最後のダーティーハリー。
ラジコンのシーンは個人的には好きですが、
全体的には、完全に煮詰まっちゃってますね。

「男はつらいよ 噂の寅次郎」(1978)
評価:A
寅さん第22作。寅さんは全部A評価です。
大原麗子はまさしく管理人世代のマドンナ、カワイイです。
今回の寅のアリアは今昔物語、これもイイ。

以上8月は、8本とギブ1本でした。

| 勝手にレビュー | 2013-09-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT