fc2ブログ

日向ぼっこで居眠りするインデックス投資

インデックス主体の長期分散投資のブログです。 慌てず、騒がず、のんびりと。 タイトルどおりのお気楽な話題が中心です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

≫ EDIT

今村翔吾(6,7)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茜唄(上) [ 今村 翔吾 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/1/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茜唄(下) [ 今村 翔吾 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/1/21時点)


今村翔吾さんの6、7冊目です。

本作の題材は平家物語。
ラストはそう来たかという感じ。
文句なく面白いです。

<今村翔吾 ベスト3>
 1. 塞王の楯
 2. 幸村を討て
 3. 八本目の槍


今回の『茜唄』は惜しくも、
第4位とします。

| 勝手にベスト3 | 2024-01-21 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

原田マハ(28)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い絵 [ 原田 マハ ]
価格:1,870円(税込、送料無料) (2024/1/17時点)


原田マハさんの28冊目です。

ダークなストーリーの短編集です。
他の作品に比べると異質な感じがします。
それでもアート題材の短編はやはり良いのですが、
ドロドロの女性のエロスはちょっとね・・・

それでは、勝手にベスト3です。

<原田マハ ベスト3>
 1. 楽園のカンヴァス
 2. たゆたえども沈まず
 3. 美しき愚かものたちのタブロー


今回の『黒い絵』は、
25位くらいです。

| 勝手にベスト3 | 2024-01-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

柚月裕子(20)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫) [ 柚月裕子 ]
価格:913円(税込、送料無料) (2024/1/9時点)


柚月裕子さんの20冊目です。

結構前の2015年の作品です。
最近の作品の出来はあまり良くありませんが、
本作の<完全犯罪>は良く出来ています。
このクオリティで今後も書いて欲しいです。

それでは、勝手にベスト3です。

<柚月裕子ベスト3>
 1. 最後の証人
 2. 盤上の向日葵
 3. 孤狼の血


今回の『ウツボカズラの甘い息』は、
8位くらいとします。

| 勝手にベスト3 | 2024-01-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2024年1月の投資

今月の積立を行いました。

 全世界株式:
  eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)
 日本株式:
  ニッセイTOPIXインデックスファンド
 新興国株式:
  eMAXIS slim 新興国インデックス


SBI証券にて新NISAでの購入です。
成長/つみたて投資枠ともに、
インデックスファンドでの投資となります。
5万円分はクレカ積立です。

買い付け比率は目標ポートフォリオに合わせて、
先進国:日本:新興国 = 5:2:1 としています。
オルカンをベースに、日本株式と新興国株式で、
ポートフォリオを調整する作戦です。

これから5年間、新NISAにお世話になる予定です。

| 管理人のインデックス投資 | 2024-01-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

禁煙14年9か月経過

おカネがなければ生きてはいけない、
幸せでなければ生きている資格がない――
「しあわせリタイア生活」 ~健康です。


月初吉例、禁煙期間の更新記録です。
177か月を経過しました。

今後もインデックス投資と同様に、
淡々と禁煙期間を積み立てて行きます。

そしてこちらも定例の、
ランニング走行距離です―――が、
年初吉例、今回は年間の結果です。

<2023年の合計走行距離>
 1024 km


目標の1000キロをクリアしました。
これで9年連続の1000キロ越えです。

今年もクリアできれば10年です。
10年で1万キロ走破!
なにかいい感じです。
切りのいい数字って、好きなんですよね。

| しあわせリタイア計画 (健康) | 2024-01-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

令和6年元旦

dragon_kotatsu.png

あけましておめでとうございます。
本ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは60歳定年で現実的な早期リタイアをした、
元サラリーマンのゆる~いリタイア生活のブログです。

ブログ記事は以下に関連した内容になっています。

「お金」 ・・・ リタイア生活に必須。インデックス投信を運用しています。
「健康」 ・・・ リタイア生活には、実はお金よりも重要なのではないかと思っています。
「趣味」 ・・・ リタイア生活のお楽しみ。気楽にできる好きなことをしています。


今年はリタイア生活3年目。
退屈することもなく、楽しく過ごしています。

| このブログについて | 2024-01-01 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2023年12月に観た映画

※投資には直接関係のないエントリです。

今年最終日の投稿は、
12月に観た映画のレビューです。

「オットーという男」(2022)
評価:B+
安心のトム・ハンクス主演映画。
良い意味で安定した内容の作品でした。
メキシコ女性役の方も良かった。

「search/#サーチ2」(2023)
評価:B+
PC画面だけのサスペンス映画の第2弾。
一発ネタかと思いきや、しっかり進化して、
本作も面白かった。

「ゴジラ -1.0」(2023)
評価:A
とてもよくできた日本製ゴジラ映画。
太平洋戦争直後という時代設定は、
昭和ゴジラ世代には刺さりますね。

「トランスフォーマー/ビースト覚醒」(2023)
評価:B-
シリーズのリブート(?)なんでしょうか?
完全にお子ちゃま向けで、過去一番つまらなかった。

「ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE」(2023)
評価:B-
トム・クルーズのスタント無しアクションが
いつも話題となるシリーズ集大成の前編。
ただしストーリーは退屈でした。

「さかなのこ」(2023)
評価:B+
さかなクンの自叙伝が原作。
天然キャラを演じるのんは、まさに適役。
こういうほっこりする日本映画もいいよね。

「テリファー 終わらない惨劇」(2022)
評価:B
声なき殺人ピエロの続編。
前作が面白かったので期待しましたが、
進む方向が違うように思いました。

「BLUE GIANT」(2023)
評価:B+
ジャズを題材とした原作マンガのアニメーション。
音楽シーンが長くて大人でも楽しめました。
ストーリーは王道ですが詰め込み感がすごかった。

「すばらしき世界」(2021)
評価:B+
元反社の懲役犯を役所広司が名演。
男気はあるけど短気な性格がリアルでした。
世の中は色々と優しいし哀しい。

「スクリーム」(2022)
評価:B+
『スクリーム』シリーズ、10年ぶりの5作目。
主役は入れ替わるけど、しっかり旧メンバーも出演。
オカルトではないホラーの面白さが健在でした。

「沈黙のパレード」(2022)
評価:B
福山雅治の『ガリレオ』劇場版の第3作。
可もなく不可もなく――という感じでしょうか。
物理学、関係ないよね。

「PIG/ピッグ」(2021)
評価:B+
ニコラス・ケイジの演技が渋い。
アクション系かと思いましたが、全然違いました。
静かで渋い良い映画でした。

「MEG ザ・モンスターズ2」(2023)
評価:B
ジェイソン・ステイサム主演のサメ映画第2弾。
前作に続いて中国ヨイショが気色悪いです。
プロパガンダより先にやることがあるのでは?

「グランツーリスモ」(2023)
評価:B+
ゲーマーがプロになった実話がベース。
好きなゲームというのを差し引いても、
よくできた映画だと思います。

「峠 最後のサムライ」(2020)
評価:B
司馬遼太郎原作。役所広司主演。
描き切れていないという率直な印象でした。
河井継之助という武士を知ったことだけが収穫。

「13日の金曜日」(2009)
評価:B
ジェイソンのリメイク。
良くも悪くも、お約束で王道な展開。
でもこれでいいんですよね。

以上、今月は16本でした。

| 勝手にレビュー | 2023-12-31 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2023年12月のポートフォリオ

3か月に1回のポートフォリオの確認です。



3か月間リターンは、
 +6.4%
1年間リターンは、
 +38.6%
<starting over>からの通算(2020年~)は、
 +32%
という結果でした。

景気は鈍化しているのかという印象でしたが、
そんなことはないんですね。

ポートフォリオは前回から以下のように変化しました。
 日本株式 0%→
 先進国株式 0%→
 新興国株式 0%→

変化しました-――って、
変化してないですね。 (^^;)
理想的です。

| 管理人のインデックス投資 | 2023-12-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

青山美智子(1)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤と青とエスキース [ 青山 美智子 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/12/27時点)


青山美智子さん、初登場です。

1枚の絵をめぐる連作短編集です。
「おー」とうなってしまったほど、良い小説でした。

それでは、勝手にベスト3です。

<青山美智子 ベスト3>
 1. 赤と青とエスキース
 2. ―
 3. ―


1冊目ですが文句なく、
第1位です。

| 勝手にベスト3 | 2023-12-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮部みゆき(85)

※投資には直接関係のないエントリです。

読み終わった本の作家別、勝手にベスト3です。
今回読み終わったのはコチラ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青瓜不動 三島屋変調百物語九之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:2,090円(税込、送料無料) (2023/12/24時点)


宮部みゆきさんの85冊目になります。
<三島屋変調百物語>シリーズの第9弾です。

短編である第3話を除いて、
今回は読みごたえのある話ばかりでした。
怪異よりも人々の暮らしが切ない。

さて今回は"時代物"なので、
通常とは別のベスト3となります。
 
<宮部みゆき"時代小説"ベスト3>
 1. <ぼんくら>シリーズ
 2. <三島屋変調百物語>シリーズ
 3. 桜ほうさら

 
今回の『青瓜不動』は、
第2位にランクインのシリーズとなります。

| 勝手にベスト3 | 2023-12-24 | comments:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT